スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Comment | Trackback

やっぱり家が好き

宅配で新鮮な食材を毎週頼んでいるので
外食をする機会がめっきり減りました。

有機野菜を中心とした添加物を使わない食材がほとんどなので
近所のスーパーよりは少し割高なのですが
余計なものを買わなくなったという意味では
食費自体そんなに変わっていない気がします。

何より食材自身が美味しいので
下手なレストランで食べるなら家で食べた方がいいという話になり
自然と足が家に向くのです。


ここは主婦の腕の見せ所!と言いたいところですが
いかんせん食材そのものが美味しいので
どうしたって美味しく仕上がるのです。



先日、これからやってくる
寒い寒い冬に備えて蟹しゃぶをしました。


この蟹ちゃんたちもお取り寄せです。


しゃぶしゃぶして


ミディアムレアでいただきます。

お口の中で身がはじけました。

椎茸もアワビかと思うほどプリプリでした。



食べ終わった蟹の足を再度投入して出汁を取り...


おじやで〆ます。

我が家では夫がおじや担当です。

卵を入れた後は
目にも止まらぬ速さでかき混ぜます。


雑穀米がプチプチして
最後まで美味しくいただきました。


寒冬と言われる今年の冬も
元気に乗り越えられそうです。


おまけに...
ついこの間は余ったカボチャで
カボチャのチーズケーキを作りました。


砂糖と生クリームとバターを使わず
蜂蜜と豆乳と菜種油で代用したので
とっても優しい味に仕上がりました。

お菓子作りにはあるまじき
目分量で作ったのですが意外とうまく焼けちゃいました。



休日の朝食にピッタリなのでした。
ホームコメント:アイコン Comment0Trackback0

とある週末の過ごし方 part 1

家でゆっくりとまったりすると決めた週末は…

「家ブッフェ」です。
テーブルに並べたおつまみをちょいちょいつまみながら




夫はパソコンを、私は読書をするのが
にゃんとも至福の時間です。
ホームコメント:アイコン Comment2Trackback0

〆のDIY飯

早慶戦観て

日本シリーズ観て、
〆は穴子鍋のスープで炊いた穴子ご飯。

最近は雑穀をオリジナルブレンドして
DIY飯を炊いています。
炊飯器の「玄米」「雑穀」ボタンが便利です。
ホームコメント:アイコン Comment2Trackback0

Anago Pot

幼稚園からの幼なじみが穴子さんを送ってくれました!



なんとも妖艶な姿です。


添えられたお手紙にはお勧めの食べ方を書いてくれていたので
さっそく「穴子鍋」にしていただきました。

まずは下味を付けて焼いて


それから鍋に投入すると
タレの香ばしさふっくらのダブルキャストです。

友人のアドバイスの元
出汁には穴子の頭を使ったので
スープまでしっかり美味しいです。

日本シリーズを観ながら穴子鍋をいただいて
心も体もホットになるのでした。

ごちそうさまでした。
ホームコメント:アイコン Comment2Trackback0

アイデンティティーを探る

最近とても台湾に興味を持っています。
そんな折に偶然見つけた台湾に関する映画。
台湾アイデンティティーというドキュメンタリー映画です。


当日券しか販売してないとのことで
少し早めに家を出て
劇場に到着し整理券をゲットしました。
たまたま私たちが観ようと思っていた上映時間の後に
監督とゲストによるトークイベントがあると知り
とてもラッキーでした。

場内には補助席とお座布団席まで設けられて
まさに満員御礼状態でした。



日本と中国に翻弄されてきた台湾人の
アイデンティティーとは何なのか。
戦後、日本・台湾・ジャカルタで暮らす台湾人にフォーカスすることで
彼らのアイデンティティーを探る
という内容だったのですが、
実際はそんな簡単な話ではなく
それぞれの想いが錯誤するものでした。

映画後のトークイベントでは
実際映画に登場された台湾人の方が
ゲストとして招かれていました。



予備知識もなく見た映画だったので
歴史的背景など、正直少し難しいところもありました。

日本に生まれ日本に生きる限りは
自分のアイデンティティーを考える機会が
あまりありませんが
おそらくそれは世界的に見ると稀なことだと思います。

アメリカ人であっても自分の家系がどこからの移民なのか
そのルーツを皆知っています。
だからこそ差別が生まれるのかもしれませんが
それだけ自分が何者なのかを知り
主張する必要があるのかもしれません。

良いとか悪いとか自分もそうしなければ
とかではなく、
そういう人達がいるということを知り
自分のアイデンティティーは何なのかを考えることに
意味があるのだと思います。


分かったつもりで自分が何者なのか全然分かりません。
だからこそ生きているのだと思いますが
まだまだ漠然としていて考えるべき課題はたくさんあります。
自分を知ることで相手を尊重できる
そんな人になりたいです。



真面目な話の後に何ですが…
私のサバティーニのお話を。。。

ビシッと締めたサバを1日冷凍して解凍して
(ジュディマリみたい☆)
しめ鯖としていただきました。

ワタクシ決して締めすぎた覚えはありませんが
少しお酢がキツ目な感じがしました。

しめ鯖を炙ってやるつもりだったのですが
近所の量販店に料理用のバーナーが売っておらず
あえなく締めるだけでいただくことになりました。
なんだかんだと言いながらも
市販のものには負けないお味だったと自負します。

日本酒が合うこと合うこと。



その他も脇役達で固めたような晩ご飯でしたが
美味しくいただきました。



脇役中の脇役ですが名脇役なのが
オリーブ三兄弟です。

銀座松屋のデパ地下にある
オリーブマーケットで購入しました。

ここのオリーブを食べると
はっきり言って他のオリーブは食べられません。
今一番の押しオリーブです。

そしてお待ちかね鯖寿司です。

この厚みは手作りならではです。
シャリは玄米×もちきびです。
もちきびのプチプチした食感がサバを引き立てます。

サバをつまみながら
日本酒をチビチビひっかけながら
日曜劇場「半沢直樹」を観る。


私のアイデンティティーここに有り。
ホームコメント:アイコン Comment3Trackback0
Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1169位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
186位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。