スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

stand by me ロケ地と温泉

スタンドバイミーのロケ地を巡るため、
カッテージグローブという街に車を走らせていると
前方にヤドカリのような車が見えてきました。






近づいてみると・・・





クリスマスツリーを積んだ車でした。
サンクスギビングが終わると、街も家もすっかりクリスマスムードになります。


余談ですが、オレゴン州はクリスマスツリーの生産が全米で1位らしいです

車で郊外を走ると、クリスマスツリー畑がたくさん見られます。

クリスマスツリー畑でクリスマスツリー狩りをするのが、
こちらの冬のイベントの1つでもあるらしいです。


さらに車を走らせ、ロケ地だと言われる街に入りましたが
日曜日のお昼だというのに人気がなく
寂しい街でした。
確かにこの街にいると、
「stand by me」の主人公が閉塞感を感じたように
将来に希望や期待を持つのは難しいなと思いました。

ポートランドの街とは違い、
時が止まっているかのような錯覚を覚えました。

人気がないからだけではなく、
森や畑や川の大自然の中に組み込まれた街は、
何十年も何百年も前から変わらぬ風景にたたずみ、
これから先も何も変わらないと思わせるからなのだと思います。





人間も自然の一部なのだと知るには、
彼らはあまりにも若かったもかもしれない、
と主人公の想いを共有したつもりになりながらさらに街を車で走るも、
目的の「赤い橋」を見つけることができません。

第一村人のガソリンスタンドのお兄ちゃんにスタンドのバイミーのロケ地を訪ねたところ、
あっさりと「よく知らない」と言われてしまいました。

「おくり人」のロケ地で盛り上がる山形とはえらい違いです。


とりあえず街から東にあるという情報だけを頼りに車でウロウロしていると、
土手になっている遊歩道の奥に
赤い鉄筋がチラリと見え、
まさかと思いながら近づいてみると、
「あの赤い橋」でした。

本当に奇跡的に見つけられました。





ここが少年達が旅を始めた場所です。

どこまでも続く一本道に自分の人生を重ね合わせる夫と





どこまでも続く一本道を背に、
ニヤリとユルイポーズの私です。




ここからもう少し離れた街が
少年達が暮らす街として撮影に多く使われたそうですが、
今回は時間切れでそちらには寄らずに帰路につきました。

次回は「stand by me」の予習をもっとしてから訪ねようと思います。


帰りはポートランドで唯一の温泉に寄りました。

外観は山梨にでもありそうな温泉施設ですが、



中は



ご覧の通りのプール仕様です。
脱衣所もシャワーのみで市民プールなみの設備でした。

温泉自体は気持ちよく、夫もこの満足顔です。






水深150センチの温泉プールにつかりながら、
人生色々だなーと小旅行の思い出を振り返りました。

帰りの車はCHAGE&ASKAを聞きながらご機嫌に帰りました。


iPhoneから送信
スポンサーサイト
ホーム | Category:トラベルコメント:アイコン Comment2Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

楽しいお話みていなかった!!!
私としては大変!!!

>喜美子さま
久しぶりにこの記事を読んで
私も懐かしくなりました。
ポートランドに来て2ヶ月目のことですね。
やはりブログをしていて良かったです。

Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
233位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。