スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

インドア夫婦のアウトドア日記~Mt.Hood編~

日曜日は晴れの予報だったにも関わらず
朝起きると霧とも雲つもつかぬほど
あたりは真っ白でした。

8時に起きて9時にはMt.Hoodに出発!!
の予定でしたが、お天気も手伝ってか
なんとなくのんびりしたスタートとなりました。

Mt.Hoodはオレゴンにある山で
富士山とほぼ同じ標高です。

Mt.Hoodのお天気をネットで確認すると
「晴れ!!」だったので、
早々に準備をしいざ出発です。

サンルーフを全開にし
ご機嫌なドライブです。



前回友人夫婦と行った時は
お天気が悪く、道路には雪が積もっていたので
チェーンをかけなければ走れませんでしたが、
今回は晴天で気温も高かったので
道路の雪はすっかり溶けていました。

R0013553.jpg

溶けた雪が蒸発し、幻想的な風景です。
R0013551.jpg

10時に出発し1時間ほど車を走らせ
あっという間にMt.Hoodに到着です。

当たり前かもしれませんが
11時に到着というのは
雪山界では遅いようで、
すでにスキー場目の前の駐車場は満車でした。

少し下ったところにある駐車場に
無事駐車できました。

ここで着替えて
0304-5.jpg

送迎バスに乗りスキー場まで送ってもらいます。
0304-6.jpg



このバスが無料なのか
帰りはどうするのかなど
1つ1つ確認します。
(バスは無料です)

バスの中で運転手から
ワワワーと色々な説明があり
「カーレン」だか「ハーレン」だか
重要そうな単語が出てきましたが、
雪山を前に二人とも気がソゾロです。

そして到着!!
0304-8.jpg
雲のベールに包まれているのが
Mt.Hoodの頂です。

靴・板をレンタルし
11~19時までのリフト券を購入し、
二人で〆て$200ほどです。
安いのか高いのか検討もつきません。

インドア夫婦いざMt.Hoodに☆




と行くにはあまりにも危険ですので
キッズに混ざってちょいと練習です。
0304-9.jpg

0304-10.jpg
2人ともほぼ小学校以来のスキーでしたが
意外とイケルことを確認し、
さっそくリフトに乗って山頂に向かいます。
0304-13.jpg

なにやら真剣な表情ですが
ワニさんお帽子がカワイイです。




明らかに滑れなそうな後ろ姿です。
0304-15.jpg

同じリフトで降りても
コースが3つ4つあり、
さらにそれぞれのコースから3つ4つと別れているので
まずは初級者向けのコースを滑ります。

どのコースを滑っても
同じゴールにたどり着くのが不思議でした。

人が少ないので
ぶつかる心配もあまりありません。
0304-16.jpg

景色が最高です!!
0304-17.jpg


スノーボード用のハーフパイプもあります。
0304-18.jpg

滑って登って滑って登って、
スキーってこんな楽しかったんだと
インドア夫婦がアウトドアに目覚めた瞬間でした。



競技用のようなコースもあります。
0304-19.jpg
写真中央のお兄ちゃんは
完全に空中に浮いています↓
0304-20.jpg
このお兄ちゃんは
完全に上半身裸です↓
0304-21.jpg

リフトからの景色が
もうたまらなく美しいです。
0304-23.jpg

0304-37.jpg


さすがアメリカ!!
陽気なスキーヤー達がいます。
0304-27.jpg

おそろいの衣装を着ているグループが
おじいちゃんおばあちゃんだったりするのが
素敵です。
0304-30.jpg

コースマップです。
0304-29.jpg
●が初級者▲が中級者■が上級者コースです。(確か)

こちらはエキスパートオンリーです。
0304-28.jpg
私達はあきらかに立ち入ってはいけない
臭いがしていていました。

補助ベルト付きのチビッ子が滑っていたり
0304-31.jpg

チビッ子用のスピードスキー(?!)スクールもあります。
0304-32.jpg

0304-33.jpg


ゲレンデをウロウロしていると
こちらで知り合った駐在員の奥様に
ばったりと会いました。

この方は大学でスキー部に所属されていたほど
スキーのスペシャリストだそうです。
この日はお子様のスキーレッスンに
付き添われて来たそうです。

奥様がおっしゃるに、
天候によって雪質がかなり変わるので
色々な練習ができ、逆にいいそうです。

スキーは技術的には日本の方が上
だとおっしゃっていましたが
やはりこちらの子は体格がいいので
その分スピードが速いそうです。

また、Timber Lineというコースには
夏でも雪があるため、
スキーのアメリカ代表が合宿をやっていて
その横で滑れるらしいです。

時々代表選手がチビッ子達に
教えてくれたりもするそうです。

そして夏はMt.HoodでもJazz Festivalがあるそうです。
0304-42.jpg
想像するだけでワクワクします。


またまた色々な情報を入手できました。

そして私達も再び滑るために
リフトに乗り込みます。
0304-34.jpg
お腹が空いたから
あと1回で麓のレストランに入ろう、
あと1回、あと1回と言って
食べる時間も惜しんで滑ってしまうのです。
0304-35.jpg

この美しい景色を
体中で感じていたいと思いました。
0304-36.jpg

滑って、ふと立ち止まって後ろを振り返ると…
0304-24.jpg

少し滑ってまた振り返ると・・・
0304-25.jpg

地球も遊んでいるみたいです。


そろそろランチでもと思っていると
山の中腹に軽食を売っている小屋を発見しました。
0304-40.jpg

ビールとホットドックで腹ごしらえです。



標高が高いので
飲みすぎには注意ですが、
2人とも2杯いただきました。

お腹も落ち着きもう一滑りです。

夕方になるとさらに人が減っていきます。
0304-44.jpg

コースには自分達しかいない
なんてこともありました。
0304-45.jpg

普段使わない筋肉を使い
足もプルプル、over30の体力に限界を感じ
後ろ髪をひかれつつゲレンデを後にしました。

靴も板も無事返し、
0304-46.jpg

送迎バスを乗り間違え、
行ったり来たりしながら
ようやく駐車場に着いた頃には
うっすら月が出ていました。
0304-47.jpg

夕日に照らされるMt.Hoodに見送られ
帰路に着きました。
0304-48.jpg

車の中で2人話した事、

こうやってスキーを楽しむことが出来るのも
小さい頃から両親が
色々な経験をさせてくれたからこそです。

たくさんの可能性を信じてくれた
父と母に感謝です。
0304-49.jpg
スポンサーサイト
ホーム | Category:アウトドアコメント:アイコン Comment4Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

綺麗な景色と二人にパチパチ手をたたいてしまいます。

スキー場なんてほとんど行ったことないものの
写真で見ていても広く感じるのは
アメリカのイメージ?!
いつも読んで楽しいブログありがとう。
-----------------------------------------------------------
スペースお借りします。
喜美子様
以前、私が記載したコメントに対して御礼のコメントを
頂いておりながら、そのままで失礼しました。

私も滑りたいと思える素晴らしい写真をありがとう‼
本当に綺麗な景色だね。

>喜美子さま
ありがとうございます。
Hiroさんはとてもスキーが上手でびっくりでした!!

>めぐみ
私も比較できるほど日本のスキー場を知らないんだけど、
とにかくスケールはすごかったよ。
景色見るだけでも行く価値はある!!
いつも読んでくれてありがとねー。

>Ritsuちゃん
今回の記事は特にお二人に読んで欲しくて
写真いっぱい載せたよ☆
早く行きたいね♪

Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
195位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。