スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

コーヒー農園巡り

ハワイ島にあるコナ地方は
言わずと知れたコーヒー豆の産地です。

コーヒー通きどりとしては
見学しないわけにはいきません。

と言うことでレンタカーを借りて
農園めぐりをすることにしました。

今回の相棒は真っ赤なフォード君です。

燃費の悪いこと悪いこと。
そんなのもアメリカ旅を盛り上げてくれるのですが。


小高い丘に広がるコーヒー農園を臨みながら
車を走らせて


到着したのはドトールコーヒー農園です。


近くにはタリーズやUCCの農園もあったのですが
なぜかドトールに来てみました。




ここはある意味、不思議スポットでした。

なぜかと言うと、コーヒー農園と言いながら
かなりのスペースが遊んでいるとお見受けしたからです。






もちろんコーヒー豆も栽培されているのですが


なんかそれ以外のスペースが
やたらと広い気がしました。


ドトールと言えば安かろうのコーヒー
というイメージだったので、
まさかハワイ島に自社農園があるなんて
たぶんほとんど誰も知らないと思います。

なんだか色々と違和感を感じたのでありました。


もう1軒行ったのは
ロイヤル•コナ•ミュージアム&コーヒー•ミルという農園です。



自社農園の豆を自分たちでローストしているようです。



試飲がいっぱいありました。


ちょっとずつ試飲したのですが、
偉そうなことを言うと
どれも可もなく不可もなく…
という感じです。


さらに偉そうなことを言うと
私気付いちゃいました。

美味しいコーヒーを作るには
豆の良し悪しも去ることながら、
誰がどのように焙煎しているかということも
かなり重要なのだということを。


豆を生産する人•焙煎する人•注ぐ人
この三者がそれぞれプロフェッショナルであってこそ、
美味しいコーヒーが出来上がるのだと確信しちゃったりしました。


そういう意味でも、
ハワイ島のビーチ添いにあったコーヒー屋
Daylight mind coffee
かなり美味しいコーヒーを提供してくれました。

地元コナの契約農家から豆を買い付け
こだわりの焙煎をしているようでした。

お店のプレゼンテーションも最高でした!









またもう1つ面倒くさいことを言うと、
ハワイのそこいらのお店で
お土産用に売っているコーヒー豆は
ほとんど全部グラインドされています。

グラインドするとあっという間に酸化して
味がどんどん落ちて行ってしまうそうなので、
ここは1つアメリカ唯一のコーヒー産地州のプライドにかけて
豆のまま売って欲しいなと思いました。

できれば焙煎日なんかも記入してあると
もう言うことをナッシングです。


コーヒーについて甘噛み知識の夫婦による
ハワイ島コーヒーツアーでございました。

スポンサーサイト
ホーム | Category:トラベルコメント:アイコン Comment0Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
195位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。