スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

barber kanako

アメリカに住む日本人が
5番目くらいに悩むのはヘアーカットだそうです。

近所の美容院に行ってしまったりすると、
「日本人はこんな髪型が好きに違いない」という
アメリカ人が思う日本人像にカットされ、
女性も男性もなんだかパツンパツンになると聞きました。

日本人が経営する美容院もあるようですが
場所が離れていたりすると、気軽に足を運ぶことは難しそうです。

私はまだこちらに来て散髪未体験なのですが、
夫は1ヶ月間ほど前に
郊外のショッピングモールにある地元の床屋に行き
かなりストレスフルな体験をしたそうです。
(日本でも彼の毛を扱える美容師は3人といないのですが)

それ以来あまり床屋には行きたくないようで、
そこで彼の目に留まったのが無免許・無資格の私でした。

数日間の議論の末、コストコでバリカンを購入し
月曜日に刈髪式をおこないました。

6ピタOLなみに早く帰宅し、
私のご機嫌を損ねない様に
あの手この手でおだててくれました。

「絶対に上手いと思うんだよね」
「いやーなんか夫婦って感じだよねー」

しまいには、
「もしかしたら新しい趣味になるかもよ」
なんて言われると、私も思わず
「ありがとう!」なんて言ってしまっているわけでした。


いざ刈り上げるとなると
普段は目もくれない説明書を読み込み、
厳しい指示がとんできました。





「最初8番から入って6番7番にあげてみようか」

刈り込む長さによって先端の器具を付け替え、
数が小さくなればなるほど、髪は短くなります。


ところがどっこい、バリカンのスイッチ入れた瞬間に主導権は私にうつります。
夫の運命は、気まぐれな私の右手にかかっているわけです。

こうなると夫は借りてきた猫のように
椅子にちょこんと座っているしかありません。




こんなにも夫の背中が小さく見えたのは初めてです。


モミアゲを切り落としてしまったり
角刈りになってしまうのは笑えば終わりですが、
なにせ刃物なので怪我だけはしないように細心の注意を払い
バリバリと刈り上げました。

美容師と言うより庭師の気分でした。


6番と3番がちょうど良いということが分かり、
無事芝刈りではなく散髪の終了です。




次回からはご指名いただけるとのことで
月1回の恒例行事になりそうです。
スポンサーサイト
ホーム | Category:日常の事コメント:アイコン Comment4Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

楽しい生活ぶり。仲良くしている様子が伝わります。
安心です。良かったー後ろ姿もまた素敵なご主人さまですね。

この話が一番好きです。

喜美子様
仲良くやってます!!

kanako様

ありがとうございます。
ご期待にそえるよう
小ネタをはさんで更新します!

Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
288位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。