スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

アメリカ一人旅

9月初旬から13日間ほど
夫の出張の間にアメリカ一人旅に出ました。
シカゴ⇒ボストン⇒ワシントンD.C.⇒ニューオリンズ
の長旅となりましたが、
ポートランドとはまた違ったアメリカの一面を見ることができました。


シカゴはバットマンのゴッサムシティーのロケ地だったことを知り
それだけでワクワクドキドキです。






シカゴ美術館でアメリカ近代美術にも触れました。





夜はジャズィーナイトです。
美術館で見た絵画そのものの風景に感動しました。


ボストンでも美術館に感動し
滞在中2度も足を運びました。

展示方法がとても面白く、絵画に詳しくなくても楽しめます。









モネの作品の前にも柵がないのには驚きです。


世界一有名な大学ハーバード大学もボストンにあります。


お向かいにはお猿のジョージの専門店がありました。


ボストンからワシントンD.C.への移動はアムトラックです。



道中にボストンが舞台になった映画
「Good Will Hunting」を視聴して涙しました。

D.C.ではスミソニアン博物館をまわりました。
映画ナイトミュージアム2の舞台になった
スミソニアンの自然史博物館はなんと無料です。


スミソニアン宇宙航空博物館も無料で
人類が初めて月に降り立った時の
宇宙服も展示されていました。




テレビで見た映像が目の前に広がるのがなんとも不思議です。




そして、何よりのお気に入りはニューオリンズです。
Jazzにお酒にシーフードに郷土料理のケイジャン料理に
朝から晩まで楽しみました。


牡蠣は大ぶりですが大味です。
添えのスパイスを乗せていただくのがちょうどいいです。


名物ソフトシェルクラブフライです。


夜はニューオリンズで最も有名なJazz Club
Preservation Hallに行きました。






翌日も料理に音楽に酔いしれました。


名物のガンボスープは、
トマトベースに豆とオクラとシーフードと
ネギとインディカ米の煮込みです。


ニューオリンズの郷土料理をケイジャン 料理と言うそうで
蒸し暑いニューオリンズの地にピッタリなスパイシーフードです。




この日尋ねたJazz Clubは黒人による演奏で
ノスタルジア(故郷を想う哀愁)を肌で感じました。


画廊もたくさんあり、
いつか我が家にピッタリな絵画を購入したいと思いました。




また絶対に訪れたい地New Orleansです。


アメリカは州によって法律が異なり
お酒に関する条例もそれぞれなのですが、
今回行った中ではボストンが一番厳しくニューオリンズが一番ゆるかったです。
ちなみにポートランドは両者の中間かな!?
という感覚です。

ポートランドはお酒の度数によって取り扱い免許が交付されるようで、
ビールやワインなど比較的度数の低いアルコール飲料は普通のスーパーで購入できます。
日本酒もスーパーで売っています。
ただラム酒やウィスキーや焼酎など度数が高いものは
お酒を専門として扱うリカーショップでしか購入できません。
どこでお酒を買う場合もほぼ必ずIDの提示を求められます。
持っていないと売ってくれません。

ボストンのスーパーでは一切お酒は売っておらず
ビールやワインもリカーショップでしか購入できませんでした。
ネット情報によると、ボストンのレストランでは
日曜日の午前中はアルコールを提供してはいけないようです。
さすがヨーロッパのカトリック文化が濃いボストン
と言ったところなのでしょうか。

ポートランドを含めたアメリカのほとんどの州で
外での飲酒は禁じられているのですが、
ニューオリンズはビール片手散歩しながら
街に流れるJazzを楽しむことができます。
私がニューオリンズを大好きになった理由の1つです。


“アメリカ”とは決してひとくくりにはできず
まさに多様文化を感じる旅でした。

固定観念にとらわれず視野を広く、
いくつになっても自分と違う価値観を受け入れられる人でありたい
と改めて感じる旅になりました。
スポンサーサイト
ホーム | Category:トラベルコメント:アイコン Comment7Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

とてもとても良い経験が出来ましたね。
たくさんの事をみて、感じて知識を蓄えられる時ですね。一人旅頑張りましたね。

最後の写真はお見事でした。一眼レフでなくともOKですね。

>喜美子さま
本当に「経験に勝る知識なし」です。
何かに活かせる時がくるまで
温めておきたいと思います(^^)

>kanekoさん
kanekoさんにお見せしたい写真が何枚かあるので
もう少しお待ちください!!

こんにちは
私は滞在派なのでお一人でこれだけ周ってこられてすごい!と思いました。

スミソニアン博物館群はまだ子どもが小さい頃に連れて行きました。
英国人で科学者だったスミソニアン氏が才能があるのに非嫡出子ということで社会的に個人としても研究も認められず自分の血縁を残さないために独身を通し自分が築いた莫大な財産を自分を認めなかった英国社会に残したくないと甥が移住したアメリカ国家に甥に直系の子がいなければ全財産を譲ると遺言書を書いたそうです。
英国社会に相当な怨念を持っていたとか…

雑誌の特集で見て行ってみたいと思い予想以上に大きく驚きました。
今でもその遺産で財団が運営され何度訪れても楽しめるように展示品を頻繁に入れかえているそうです。
一度しか行ったことがないけれどこれから何度でも訪れてみたいです。

プチトリビアでした…

>のりちゃん様
スミソニアントリビア、知りませんでした。
スミソニアン博物館の1つで比較的新しい
ホロコースト博物館にも行ったのですが、
ナチスドイツによるユダヤ人迫害の真実の一面を知り
思うところがたくさんありました。
のりちゃん様のトリビアを伺い
スミソニアンには社会的意義もあるのだなと
と改めて感じました。

私も次回はじっくり訪れてみたいです。
コメントありがとうございます。

一人旅お疲れさま‼‼
いつかニューオリンズをbarbarakanaと一緒に楽しみたいと思いました♪ビール片手にね(=´∀`)人(´∀`=)

>Ritsuちゃん
絶対Ritsuちゃんも気に入ってくれる街だと思ったよ!
今度は一緒に行ここ!!

Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1885位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
288位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。