スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

シアトル旅行記②

昨日は予定通りバスに乗りバラードという街とフリーモントという街に行ってきました。

シアトルのバスは車内に電光掲示板もなく、
運転手もアナウンスをしたりしなかったりなので、
バスに乗る際に「ここの道についたら教えて」と声をかけたのですが、
愛想なく「アナウンスがあるから」的なことをたぶん言われて、
心もとない気持ちでバスに乗り込みました。

案の定どこの駅についてもはっきりとしたアナウンスがなく、
もう目を皿のようにして道の名前を追って、なんとか無事にたどりつくことができました。

もちろん人によりますが、ポートランドのバスの運転手は、
「OK!!ARIGATO」など言っておどけてくれたりします。

自分は後者の人間でありたいなと
これまた学びがありました。



「バラードはもともとはスカンジナビア移民が暮らす街で
最近はお洒落なブティックが立ち並ぶ」
と地球の歩き方に説明があったので、楽しみにして行ったのですが、ちょいと拍子抜けでした。

目抜き通りとそこから別れる道にちょろちょろとお店があるのですが、
特に何かお洒落なものがあるわけではなく、
ポートランドのノブヒル(自由が丘みたいなエリア)の方が
センスのいいものがたくさんあるなという印象でした。

バラードにはお目当てのパン屋さんがあり、そこでブランチをとろうと思っていたのですが
なんとたまたまお休みだったので急遽予定を変更して、
世界中の料理を食べ歩いた女友達仲間が経営するカフェに行きました。

色々な種類のサンドウィッチがあり
その中にハーフandハーフとうのがあり、
好きなサンドウィッチ半分にサラダかスープというメニューです。

日本人には半分くらいがちょうどいい量なので、迷いなくハーフandハーフにして、
ビーフパニーニとスープをオーダーしました。

スープはミネストローネでした。





ビーフの間には蜂蜜かなにかで甘くしてあるパプリカとブルーチーズがはさまっていて、
この組み合わせが驚くほどマッチして美味しかったです。

パンの内側はオリーブオイルで軽く焼いてあったので
カリッとした食感でした。


シアトルと言えばコーヒーということで、一緒にコーヒーも頼みました。

ワンコそば形式で、飲み終わると同時にコーヒーのおかわりをつぎにきてくれるのですが、
ちょっと薄い感じがしました。



バラードに思い残すことなく次なる街「フリーモント」に向かいました。

ダウンタウン-バラード、
ダウンタウン-フリーモント
はそれぞれバスのアクセスがあるのですが、
バラード-フリーモントをつなぐバスがないため歩いて行く事にしました。

と言っても、地球の歩き方にはそれぞれの場所の地図しかなく、
バラードからフリーモントへの行き方は書いてないので、
川沿いを歩けばたどり着くというざっくりとしたイメージで
ひたすら歩きました。

いかんせんどれくらい離れているかも分からないので、
ひたすら川沿いの大通りを歩くこと1時間、
街らしいお店が出てきて到着しました。


こちらの街は「ヒップな街」らしく何じゃそりゃという感じですが、
着いてみるとなるほど納得です。
日本でいうと大阪のアメリカ村みたいなところです。

何の意味もないでかいオブジェが街のいたるところにあるのは
まさにアメ村です。











そう言えばここは、以前シアトルに来た時に参加した観光ツアーで回った気がするなーと
このオブジェを見て思い出したのですが、
あの時は水陸両用の車でザーッとまわったので
特に印象に残らなかったのかもしれません。

やはり自分の足で歩いてくると、
街の雰囲気とともに1つ1つが記憶に鮮明に残るなと思います。

全部みても15分かからないオブジェめぐりの後は、一休みです。

手のひらサイズのパンプキンパイとクランベリージャムパイをつまんで、
コーヒーとともにホッと一息です。




数十種類あるパイの中で、この2種類だけスモールサイズがあったので
このパイをチョイスしてみました。

どちらも甘すぎず小腹にぴったりでした。
ちなみに普通サイズはこの5倍はあります。

こちらはパンプキンをお菓子の材料として使うことが多いのではと思いました。
パンプキンとシナモンの組み合わせのデザートをよくみます。

スーパーでパンプキン(こちらではスクワッシュという名前)で
常時5種類は置いてあります。
ちなみにカボチャは「kabocha」として売られています。

一度こちらのスクワッシュを買って普通に蒸してみたのですが、
甘みはあまりなく、カボチャのような重い歯ごたえもなく、
シャクシャクしてる感じでした。

これを無理に醤油やお酒で味付けすると、完全に負けてしまうなという感じだったので、
やはりシナモンと砂糖で味付けして
軽いデザートに、というのが正しい食べ方だと思いました。


一服した後は軽く街の散策です。
有名なチョコレートファクトリーがあるということで早速行ってみました。

ファクトリーツアーには参加せず、隣のショップで板チョコをゲットしました。
板チョコがメインで30種類以上ありました。

試食をしたのですが、カカオ80%になるともはやチョコではなく
コーヒー豆をなめてるような感じでした。




チョコレート工場の後は地元のオーガニックスーパーを見学です。

ポートランドにあるホールフーズというオーガニックスーパーと
品揃えはあまり変わらない気がしましたが、
パンやチーズなどは地元のお店のものが多かったです。



全粒粉のドライフルーツスコーンを味見したのですが、
これがとても美味でした!

アメリカでは粉とドライフルーツが量り売りでたくさん売っているので、
何かに使いたくて仕方なくなり、
最近家で全粒粉酵母を育て始めました。

翌日には2倍にふくらむらしいのですが我が家の酵母ちゃんは
私に似てとても控えめで、むしろしぼんでいるのではと思います。

ちょっとこれではパンを焼くには使えないので、
もう1度やり直しかなと思います。
スポンサーサイト
ホーム | Category:トラベルコメント:アイコン Comment0Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
195位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。