スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

DIY!!

DIY(Do It Yourself)のキーワードなくして
ポートランドを語ることはできません。

要は
無い物は 作ってしまおう 僕たちで
ということです。

その通りです。
無い物を数えても始まりません。


と言うことで、
アメリカのサランラップに引導を渡すべく
クラフトマンKanakoが立ち上がりました。

以前ブログに書きましたが【⇒日本が世界に誇るもの
アメリカのサランラップはホリブルです。

ラップの質も然ることながら、
まー切れないこと切れないこと。

くるっくるっ くるくるくるくるくれらっぷ♪

なんて鼻歌うたってちゃー切れません。

息を吐いてーー
吸ってーー
止めてっ
サーー!!!

です。

このタイミングを1秒でも間違えると
切れないわ、伸びるわ、絡まるわで
イーーーっとなります。


一番の原因は間違いなく
ラップを切る刃の位置にあります。
日本とは逆に付いているので
手首を外側にまわさないと切れないのです。


幼稚園で習った正しい雑巾の絞り方は
「手首を内側にひねる」でした。
その方が力が入りやすいからです。

そう考えると、やはり日本のラップは
とても合理的に作られていると思います。


逆にこのの位置さえ変えてしまえば
私もご機嫌にくるくるくるくるできると思い付きました。

人間で言う顎の位置についている刃を
ぺりぺりと剥がします。
fc2blog_201205241811209b6.jpg

剥がした刃をおでこの位置に貼り直します。
fc2blog_20120524181141a0c.jpg
我が家の隙間風を防いでくれるダクトテープは
こんな時も大活躍です。

刃の出具合を調整するのが職人技です。
fc2blog_20120524181133cf3.jpg

そしてものの1分でマイラップ完成です!
fc2blog_201205260357347f5.jpg


自分で作った物には愛着が湧きます。
DIYは物を大切に使う第一歩なのかもしれません。
スポンサーサイト
ホーム | Category:日常の事コメント:アイコン Comment2Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

実に面白い!!!!改良!考え出す!歳を重ねていくうちにこれはこういうもんなんだ!と決めつけてしまう硬い頭の私です。
柔らかく柔らかく頭を使いたいもんです。
楽しいです。ピンクの文字かわいい!

>喜美子さま
何せ毎日の使うものなので、何とかならないかと考えあぐねていました。
必要は発明の母ですね!

Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
190位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。