スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

Pay it forward

怒涛の出張ラッシュから夫が帰ってきました。

お土産は各国のローカルフードと
最新のローカル“ネタ”です。



世界で何が起きているのかを知るには
現地を見た人の話を聞くのが一番です。

世界と自分の接点を探してワクワクするのが大好きです。


ポートランドとの接点も忘れてはいけません。
先日ポートランドからの訪問者と
肉をつつきながら情報交換会をしました。

肉のプロフェッショナルをおもてなしするのにもってこいな
小野田商店のホルモンです。


恒例のお土産交換会。

夫が嬉しそうに持っているのは今回のいただきもの。
バラと一緒に醸造したビールです。
日本は空前のクラフトビールブームと言えど
バラビールを飲んだことがある人はそうそういないんじゃないでしょうか。

ポートランドを制するものはビールを制す!
と言っちゃいたい気持ちになります。


日本語でも英語でも
やっぱり私が知りたいのは世の中の流れです。
TPPが締結されたら市場ってどうなるの?
とか素人のような質問にも分かりやすく答えくれました。

逆に質問されたのが、
アメリカでは『オーガニック』とか『サステナビリティー』とか『フェアトレード』を謳った
ソーシャルビジネスが広がってきているけれど
日本のマーケットはどうなの?と。

私がアメリカに住んでいたときからこの流れは感じていました。

ファッションとしての善意という域を超え、
アメリカでは完全にビジネス手法の1つとして認識されてきているそうです。

自分さえよければいいのではなく
みんなで幸せになろうよ、
という考え方が根本にあるのだと私は理解しています。

そういう生き方を選ぶ人が増えているから
ビジネスとして成り立つようになっているのです。

要するに“豊かさ”の概念が変わってきたのだと思います。


そして現在の日本のマーケットが
この考え方に追いついているかと言うと、
今のところは「NO」です。

ただアメリカ西海岸で
数年前から流行っているクラフトビールやサードウェーブコーヒーが
今の東京で爆発的に流行っていることを考えると、
ゆくゆくこのビジネス手法は
日本でも主流になってくるのではないかと思います。

これはただ単に、美味いビールとコーヒーという話ではありません。
クラフトマンシップ(職人の技能)に対するリスペクトであり、
彼らの技能に対して適正な価格を支払う意思があるかどうかという
覚悟の話です。

そういう意味で、
クラフトビールとサードウェーブコーヒーを受け入れた日本には
サステナブルなビジネスを受け入れる土壌はあるのだと思います。


奪い合うのではなく分け合う社会
間違いなく時代は動いています。

時代の変遷期に立ち合えることがありがたいと同時に
その時代を生きる人間としての責任を感じます。

そんな話を、言葉も育った環境も違う友人と分かち合えることが
何よりエキサイティングな瞬間です。


火がついた話をクールダウンするために向かった2軒目は中目黒タップルームです。


ビールの原料の1つでもあるホップ
昨今のクラフトビールブームにより
世界的に不足しているそうです。


ホップを育てるには
やはり気候が一番関係しているそうで、
ワシントン州とオレゴン州は
ホップ生産に適した土地だそうです。

なんでもアメリカ国内で消費されるホップの90%以上が
この2州で生産されてるらしいです。
なななんと肥沃なホップ地帯!

いっちょホップにからんで
何かオモロイことはできないかと3人でソワソワして
また話に火が付くのでした。




進化論で有名なダーウィン先生が
こんなこと言ったそうです。

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。


変化を恐れない人間でありたいです。
そしていつか変化を生み出す一人になりたいです。

スポンサーサイト
ホーム | Category:ポートランド的ライフスタイルコメント:アイコン Comment0Trackback0

いつだって青春ど真ん中!

本を読んでいるか
ビールを飲んでいるか
柿ピーをつまんでいるか…
という普段の夫の姿からは
なかなか想像できないのですが、
実は野球に青春を捧げた
高校球児だったそうです。


今年の母校はなんだか強いらしいと聞きつけて
応援に行ってきました。


なんでも4回戦まで勝ち進んだのは
夫の在学時以来だそうです。



対戦カードが良かったらしい
という事前情報だったのですが、
実際に観戦してみると
それだけではないチームのまとまりを感じました。
(ど素人の肌感)

安定感のある試合運びで勝利し
ベスト16に名乗りを上げました!


頑張れ高校球児達!と我が家の元高校球児!!





ホーム | Category:未分類コメント:アイコン Comment0Trackback0

哲学コーヒー


コーヒーのストックがなくなったので、
久々に自家焙煎しました。

今回焙煎したのはこれ。

パナマにあるエスメラルダ農園で育った
“ゲイシャ”という品種の豆。

なんでもコーヒー品評会で、
過去最高値で落札された超スペシャルティコーヒー豆だそうで。

スタバでは一杯2,000円で売られていたそうですが、
我が家では仕入れ値から計算すると
高く見積もっても一杯200円ほどです。



世の中に“高価な顔”をして出回っているものも、
案外そんなものなのかもしれないと
自分の固定概念を疑ってみる良い機会でした。

「高い物がいけない」と言うのではなく、
自分や家族にとって
それがどれだけの価値を見出すものなのか
一度立ち止まって考えてみることは
大事だなと思います。


お金をどう使うかどう稼ぐか
と同じくらい重要なことだと
改めて一杯のコーヒーから考えさせられました。


私がコーヒーを焙煎するのは、
喜んでくれる人がいるからに間違いありません!

ホーム | Category:DIYコメント:アイコン Comment0Trackback0

姉の結婚

超ウルトラスーパー個人的な報告ですが
姉が結婚しました。

姉に“お相手”を紹介された時の第一印象は
「この人が家族の一員になってくれると嬉しいな」
と思いました。

穏やかで温かいお人柄がにじみ出ていたのはもちろんですが、
なにより姉が一緒にいてとても楽しそうにしていたのが
妹として本当に嬉しかったです。


姉に彼を選んだ決め手は何かと尋ねたところ
「一緒にいて楽しいこと」
と言っていました。

気付いたら(?!)結婚していた私とは違い、
結婚に対して色々と悩み考えてきた姉が
最後に出した答えが
「一緒にいて楽しい人」
だったことが何より嬉しかったです。


結婚式では人生で一番幸せな姉の姿が見られました。




お料理も美味しくて
とても贅沢な気分になりました。















そしてこの間、
改めて家族としてよろしくお願いしますということで
夫が予約してくれたお店でスキヤキパーリしました。



実家も我が家も姉夫婦も
鍋奉行は男の仕事になりそうです。




こんなに幸せ日が訪れてくれたことに
心から感謝します。




ホーム | Category:未分類コメント:アイコン Comment4Trackback0

これからの「世界」の話をしよう

窓辺の椅子に腰掛けて
夫と二人のんびりとおしゃべりを楽しむいつもの休日。


に、突然降ってわいてきたナイスなアイディア💡

ついに散らばってた点が線になるのか⁉️

こりゃ面白いことになりそうだ‼️
ホーム | Category:未分類コメント:アイコン Comment2Trackback0
Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
233位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。