スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

とある週末の過ごし方 part2

今の家から10分も歩けば森みたいな公園にたどり着きます。





都会(?!)のオアシスです。


そしてこちらは似て非なるポートランドのフォレストーパーク。


それでもってこれはポートランドでの自宅の裏山にあったバラ園。



規模は違えど、現在我が家の近くにもバラ園があります。




何が言いたいかと申しますと、
ありがたいことに“街”に住みながらにして
ポートランド的な自然溢れる生活を満喫させてもらっています。


ポートランドでの休日は…

アウトドアチェアを持って


日がな読書をしたりしてました。



そして今も。。。








アウトドア用の机と椅子と・・・


お酒とおつまみを持参して

休日を満喫しています。


最近読んでいるのは
スウェーデン出身の言語学者ヘレナさんの本です。



ポートランドに住むよりだいぶん前に
「地域社会」というものに興味を持った時期があり
ちょうどそのタイミングで母校で
ヘレナさんが作った映画「幸せの経済学」の上映会があり
観に行ったのがきっかけでこの本の存在を知りました。

この時はなんとなく漠然と
ローカルな活動に興味を惹かれていたのですが、
ご縁があってポートランドに住んだことで
私の興味はググッと身近なものに感じられるようになりました。


今まで点と点だと思っていたことが
いよいよ太い線になって浮かび上がってきた気がします。


ワクワクな毎日に感謝です。
スポンサーサイト
ホーム | Category:ポートランド的ライフスタイルコメント:アイコン Comment2Trackback0

とある週末の過ごし方 part 1

家でゆっくりとまったりすると決めた週末は…

「家ブッフェ」です。
テーブルに並べたおつまみをちょいちょいつまみながら




夫はパソコンを、私は読書をするのが
にゃんとも至福の時間です。
ホーム | Category:家ご飯コメント:アイコン Comment2Trackback0

〆のDIY飯

早慶戦観て

日本シリーズ観て、
〆は穴子鍋のスープで炊いた穴子ご飯。

最近は雑穀をオリジナルブレンドして
DIY飯を炊いています。
炊飯器の「玄米」「雑穀」ボタンが便利です。
ホーム | Category:家ご飯コメント:アイコン Comment2Trackback0

Anago Pot

幼稚園からの幼なじみが穴子さんを送ってくれました!



なんとも妖艶な姿です。


添えられたお手紙にはお勧めの食べ方を書いてくれていたので
さっそく「穴子鍋」にしていただきました。

まずは下味を付けて焼いて


それから鍋に投入すると
タレの香ばしさふっくらのダブルキャストです。

友人のアドバイスの元
出汁には穴子の頭を使ったので
スープまでしっかり美味しいです。

日本シリーズを観ながら穴子鍋をいただいて
心も体もホットになるのでした。

ごちそうさまでした。
ホーム | Category:家ご飯コメント:アイコン Comment2Trackback0

日本の未来はローカルに有り!

大変ご無沙汰しております。
夏も終わり晩秋にさしかかり、
このブログも良い感じに発酵してまいりました。

オイニーがツーキーになる前に更新いたします。
しれーっと福井2日目のネタをアップです。



Aipon宅にお泊まりした翌朝は
めちゃ早起きをしてイベントに向かいました。

おけら牧場で開催される
ブルーベリー摘みと森で遊ぶ会に参加しました。

このイベントを主催する山崎洋子さんは
ロハス&ローカライゼーションの草分け的存在で
貴重なお話もたくさん聞けました。

まず始めは何と言ってもブルーベリー摘みです。

数種類のベリーの木になった実を試食しながら
確実に収穫していったのでした。

Aipon親子が車の荷台で移動するのを羨ましく思いながら
お次は森の探検です。


水分補給にスイカが出てくるとは
何とも贅沢です。


森で虫を捕まえたりアスレチックを登ったり
身体中で遊びます。


Aipon旦那さまは大自然で育ったので(?!)、
虫とか草とか素手でワシワシつかみます。
方やAipionとワタシは見てないフリをして
やり過ごそうとします。

旦那さまにはばっちりバレて指摘されますが
ヘラヘラ笑ってごまかすのでした。


ランチの準備は火を起こすところから始まります。



主催者の方が釣り上げてくださった鮎を焼きます。


立ち話をしていたAiponとワタシは
突然に「飯炊き係り」を命ぜらました。


私たちのコンビをご存知の方なら
決して頼まないだろうに...
なんて戯言は通じません。
参加者全員の炭水化物の運命を任されてしまいました。

主催者の方に、
「お焦げが美味しいと言うのは失敗の言い訳です」
とダメ押しをされて
もう二人ともビビり上がりました。

もちろんお釜の蓋を途中で開けるのはNGなので
炊き上がりを鼻で感じるしかありません。

“二人で一人”
久々の一体感を感じながら全集中力を鼻に託します。

焚き火の煙たさの間から
フワッとお米の声を聞きました。
「今だ!!」というタイミングを二人で確かめて
「できました」とアピールします。



結果はと言うと...

もうこれ以上ないばっちりのタイミングでした。

その他にも採れたて食材を使ったお料理をいただきました。


食後はみんなでブランコしました。







お家に帰って、お疲れのところ
Aiponと娘ちゃんがディナーを作ってくれました。

本物とイミテーションのおつまみが並ぶのが
とても愛らしいです。



最後まで美味しい楽しい時間を過ごして
後ろ髪を引かれながら帰路についたのでした。

ありがとうAipon!!!
ホーム | Category:トラベルコメント:アイコン Comment2Trackback0
Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
2092位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
314位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。