スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

心に残るは感謝の気持ち

最終日、午後の便で帰国する両親と時間までゆっくりするか
はたまた弾丸で、オレゴン名物のマルトノマ滝に行くか
悩んだあげく後者のプランとなりました。

起床時はドンヨリ空のポートランド市内でしたが
晴れの天気予報を信じての決断でした。

私たちお気に入りのいつものパン屋さんで
いつものチキンホットサンドと
アーモンドプードルクロワッサンを頼みました。

実はチキンサンドをオーダーした際に
「10時以降のメニューだから今の時間はないの」
と言われたのですが、
「じゃあこのパンを使ったサンドイッチは他にない!?」
と食い下がると
「んーないの。分かった、じゃあ特別にチキンサンド作るね!」
と無理を聞いてもらい作ってもらいました。

奥からチキンサンド職人が出てきて
手早くサササと、私達のチキンサンドをこしらえてくれました。
fc2blog_20120712171018066.jpg
レジのお姉ちゃんが独断でOKしてくれただけでなく
寡黙なチキン職人も(知らんけど)、暗黙の了解で作ってくれたのです。
これを奇跡のチキンサンドと呼ばずして何と呼びましょう!

チンして包むだけののマクドナルドでも
時間外メニューのオーダーは聞き入れてくれないことを考えると、
ポートランダーの半分は優しさでできているに違いない、と思うのです。
fc2blog_20120712171001a4e.jpg

持ち帰りにしたチキンサンドとペストリー達は
マルトノマ滝でのお楽しみです。


どんより曇っていたポートランドから少し離れると
みるみる青空が広がり、
コロンビア川を見渡すビスタハウスに到着した頃には
雲一つない見事な快晴となりました。
fc2blog_2012071217104163a.jpg

fc2blog_20120712171056da8.jpg


私たちも朝早くこの辺り来たのは初めてでした。
fc2blog_20120712171048cbe.jpg

大自然の朝の空気には
人の細胞を活性化するパワーがあると思いました。

その後は朝日が登るマルトノマ滝に移動です。
fc2blog_201207121711053b5.jpg

fc2blog_201207121711174c6.jpg

fc2blog_20120712171127fbf.jpg

朝日を浴びながらのチキンサンドはこれまた絶品でした。
fc2blog_20120727135956879.jpg
通り過ぎる人達に見られる事は、この際気にしません。

そして本当にこれが最後のビューポイント、
コロンビア川添いです。
fc2blog_2012071217131418f.jpg


オレゴンの大自然を後に、空港までの道のりは
DJ kanakoが松山千春の「大空と大地の中で」を選曲しました。
我ながらグッドチョイスです。


手荷物検査の奥は全面ガラス張りのポートランド国際空港は、
去る者の心も送る者の心も
穏やかな気持ちにさせてくれます。
fc2blog_20120727140217fa1.jpg

自転車Tシャツにオレゴン地ビールで
最後の最後まで楽しんでもらうことができました。
fc2blog_20120727140530be5.jpg
いつも優しく見守り受け止めてくれる両親に
少しでも親孝行ができたとしたら、
私たち夫婦にとってこれ以上にない幸せです。


そして、私の両親にも同じようにポートランドに来て
楽しんでもらうことが次の夢
と言ってくれた夫にも感謝です。
fc2blog_20120712171326fbc.jpg
スポンサーサイト
ホーム | Category:未分類コメント:アイコン Comment2Trackback0

幸せのある場所

6日目は近所にあるSISTERS COFFEEというカフェで
モーニングコーヒーをいただきました。

2ドルも出せばレギュラーコーヒーが買えるので
店内はいつも朝から賑わっています。
fc2blog_20120712163916e9c.jpg

アメリカで「缶コーヒー」というものを見かけることが
ほとんどありません。

そもそもセキュリティー上の理由で
自販機があまり普及していないそうですが、
ガソリンスタンドに併設されているコンビニなどでも
缶コーヒーを見ることはほとんどありません。

その代わりに、コーヒーが入ったポットが置かれていて
レジでお会計の際に紙コップをもらい
自分で注ぐというスタイルです。


以前コーヒーイベントでお会いした
日本のスペシャルティコーヒー屋のオーナーさんが、
日本でコーヒー屋がなかなか認知されないのは
缶コーヒーがあるから

とおっしゃっていました。


単なる嗜好の違いと言うよりは
ライフスタイル、強いては文化の違い
なのではと思います。


レジで今日の豆の説明を聞きながらオーダーし
出来上がったら名前を呼んでくれる、
私はそんなポートランドスタイルのコーヒー屋さんが大好きです。
fc2blog_20120712163909225.jpg

目覚めのイッパイをいただき
Patagoniaでお買い物のを済ませた後は、
街の中心部にあるHEATHMAN HOTEL(ヒースマンホテル)でランチです。
fc2blog_20120712164116539.jpg

こちらのホテルはお化けが出ることで有名だそうです。
703号室から飛び降り自殺した人が
落ちながら通過した部屋に呪いをかけたので
各階のX03号室で不思議な現象が起きると言われているそうです。

そしてこちらのレストランのメニュー
「イチゴとゴートチーズのサラダは
村上春樹も大絶賛だそうです。

ランチビールを頼んだ意識はないのですが出てきました。
ある意味不思議な現象ですが
私の英語レベルではよくあることです。
fc2blog_20120712164340eb9.jpg

ランチサービスのパンはオリーブの実入りで
とても美味しかったです。
fc2blog_201207121643460c0.jpg

小エビのオムレットと
fc2blog_20120712164354e4c.jpg

チキンパスタと
fc2blog_2012072205120374c.jpg

太平洋オヒョウの下にリゾットです。
fc2blog_2012071216440156d.jpg
太平洋オヒョウは限られた短い期間しか取れず
今がちょうど旬、ということだったので
迷わずオーダーしました。

身がホロホロとしいて
リゾットとの相性抜群でした。

ランチの後は街のお散歩です。
独立記念日前ということもあって
スーパーにはドギツイスイーツが並んでいました。
fc2blog_201207121644147a3.jpg

食べられるか食べられないかと言うより
食べてはいけないです。
fc2blog_20120712164421870.jpg


そしてラストディナーに向かったのは...
fc2blog_2012071216481215d.jpg


Masuというお寿司屋さんです。
こちら訪れるのは4-5回目です。
fc2blog_20120712165136549.jpg

前回板前のブライアンさんに握ってもらった時に
とてもよくしてもらったので、
今回予約の際に「是非ブライアンさんに」とお願いしまた。

残念ながらこの日はブライアンさんはお休みでしたが、
ブライアンさん直々に
「Tさんと言えばカルフォルニアのTさんで
とても大事なお客様だから
スペシャルなおもてなしをするように」

と当日のスタッフにお伝えいただいたようでした。

カルフォルニアのTさんとは
完全に人違いだったのですが、
ありがたくスペシャルなおもてなしをいただきました。

備長マグロのカルパッチョに
fc2blog_201207121651478e7.jpg

イチゴのピクルスです。
fc2blog_201207121652406ff.jpg

fc2blog_20120712165653625.jpg

熱燗もいただきました。
fc2blog_201207231435448cd.jpg

お口の中はすっかり和なのですが
背の高い椅子とモダンな店内が、
ここはアメリカということを思い出させてくれます。
fc2blog_20120712165716e7b.jpg

fc2blog_2012071216570371f.jpg

fc2blog_20120712165744a1b.jpg

この日いただいたお通しとお寿司達です。
fc2blog_2012071216581904e.jpg
江戸前寿司風に全てあらかじめ
味付けしてありました。

個人的には銀ダラ西京漬けと金平牛蒡に脱帽しました。

お腹いっぱい大満足で帰路につきました。
少し遠回りをして通ったのは川沿いの遊歩道です。

昔、三井不動産のCMで
「一番好きな道は帰り道」
というフレーズがありましたが、
私にとってまさにそんな道です。

fc2blog_201207121703096d3.jpg

fc2blog_20120712170542cff.jpg

fc2blog_20120712170621705.jpg

fc2blog_20120712170631077.jpg

fc2blog_20120712170641c3a.jpg

fc2blog_201207121706518b0.jpg

fc2blog_20120712170847aac.jpg

fc2blog_20120712170929ebe.jpg

幸せはいつもすぐそばにあるんだよと
夕日が教えてくれた気がしました。
fc2blog_20120712170937552.jpg
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment2Trackback0

旅の〆はやっぱりOsoba

アシュランド2日目の朝は遅起きをして
ブランチのお店を探しがてら
街を散策することにしました。


事前に調べた人気のベーカリーを訪ねたのですが
店内が暗く空いてるんだか閉まっているんだか
パンを置いているんだか置いていないんだかで、
外から様子をうかがっていると
向かいのオフィスで働くオバチャマが
隣のレストランの方が美味しいわよ
もう少しあっちにあるブラザーズっていうカフェもお勧めよ。


なんて教えてくれました。

せっかくなのでブラーザーズを探してみたのですが
見つけられず、
その代わりに良い匂いのするレストランに入りました。
fc2blog_20120712163822a24.jpg

The田舎町の朝食!という感じで
これも良い経験になりました。
fc2blog_20120712163829234.jpg
冷凍チンではなく
オーダーしてから作ってくれるので
どれも美味しくいただきました。
残った料理はドギーバッグに詰めて
お持ち帰りです。

朝食の後に立ち寄ったカップケーキ屋さんです。
fc2blog_201207121638374db.jpg
このポップでキュートなカップケーキを
店の奥で白髪のおじいちゃんが作っていました。

正直ちょっと甘すぎを覚悟で
チョコレートカップケーキを購入しましたが、
意外なほどに見た目ほどではなく
カカオ濃度濃いめの生地も美味しかったです。

お昼前にはアシュランドを出発し
目指すは第二の目的地ウッドバーンのアウトレットです。
fc2blog_201207121638441bb.jpg
円高も手伝って破格のお値段で満足のお買い物でした。

夜ご飯はNew Seasonsというオレゴンが本拠地のスーパーで
野菜をてんこ盛り調達しました。
fc2blog_20120712163851aa3.jpg
ここのスーパーは日本でも話題のようで
地元密着・お客様にフレンドリー
をモットーにしているそうです。

店内にある全ての食品を試食できるそうです。
New Seasonsに限らず、Whole FoodsやZupan'sなどでも
果物やオリーブなど試食することができます。

そしてメインディッシュはSOBAです!
fc2blog_2012071216385838e.jpg
出汁から丁寧にとったお蕎麦は何よりのご馳走でした。
ホーム | Category:未分類コメント:アイコン Comment2Trackback0

長い長い一日の始まり

日曜日の朝はクレーターレイクを臨みながら
目覚めの一杯です。

fc2blog_20120625233854dc0.jpg

前夜オーロラは見られませんでしたが
霧と雲のかかるクレーターレイクも
乙なものです。

fc2blog_20120625233905552.jpg

クレーターレイクの本格始動は7月から
という事で、湖の周りを回る道路も
半分ほどは封鎖されていました。
fc2blog_201206252339213a7.jpg

行けるところまで車で周り
ビューポイントで降りては
湖を眺めました。
fc2blog_201206252339299de.jpg

見る場所によって色が違うので
何度でも感動できます。
fc2blog_201206291559413f0.jpg


自然が作るものの素晴らしさを感じました。
fc2blog_20120625233938e81.jpg

fc2blog_20120629155952420.jpg


クレーターレイクは、火山が噴火して
噴火口に水がたまり湖となったので、
湖の周りは一面木々です。
fc2blog_201206252339470c0.jpg
湖に目を奪われがちですが
周りの景色も美しいです。

クレーターレイクに別れを告げ
次に向かうはオレゴンのパワースポットです。
fc2blog_2012062523395861f.jpg


と、その前にワイナリーに立ち寄りました。
fc2blog_20120625234659ec0.jpg


ポートランド近郊にもたくさんワイナリーがあるのですが
時間的に今回は厳しいと考えていたので、
たまたま見つけたワイナリーに
迷う事なく入りました。
fc2blog_201206252341485f1.jpg

Gold HillにあるDel Rioというワイナリーです。

ランチにビールを飲み損ねた父も
ウキウキテイスティングです。
fc2blog_2012062523464467b.jpg

お尻がプリンプリンお姉ちゃんに
3種類のテイスティングをお願いし
お気に入りを購入しました。

プリンプリンちゃんに
この後向かうパワースポットについて聞くと、
「私は行ったことないけれど
みんなオーサムって言ってるよ!」

と教えてくれたので
期待に胸ふくらみます。
fc2blog_20120625234706535.jpg

オレゴンのパワースポットはその名も
「Oregon Vortex」と言います。
ボルテックスとはセドナで体験したアレです。

ボルテックスとは大地のエネルギーが
渦巻きのように放出されている
磁場の強い場所を言うそうです。

セドナでは木が渦を巻いて生えていました。

オレゴンボルテックスは一説によると
地球の中心とも言われるほど
磁力が強い場所だそうで、
空間と時間がねじれているため
目の錯覚かと思うほど物がゆがんで見える
という前評判でした。

fc2blog_20120625234714fe9.jpg


到着したタイミングがよく
ちょうどガイドさんの案内がスタートしたところでした。

不思議ツアーの始まりです。

色のついた水が入っている棒を置き
この場所が水平であることを確認します。
fc2blog_20120625234736479.jpg
そもそも坂になっているのでは?!
と疑いたくなるようなチャチな場所でしたが、
ツアー参加者全員で傾きがないことを確認しました。


並行に立つ2本の棒を背に向かい合います。
左側に写る男性の方が長身に見えます。
fc2blog_201206252347291aa.jpg

ところがどっこい
場所を入れ替わったとたん
今度は女性の方が大きく見えます。
fc2blog_2012062523472299e.jpg

いやー気のせいでしょ、
と言う方のためにもう1枚。

こちらの老夫婦は
さほど身長差がないようにお見受けしますが…
fc2blog_201206252347431f4.jpg

入れ替わるとご覧の通りです。
fc2blog_20120625234751d26.jpg
まーこれにはびっくり!!
と言えるのは今になってからで
実際この場にいた私たちは
目の前で繰り広げられる不思議に
何かトリックがあるのではないかと、
釈然としない気持ちでした。

そもそも傾斜のある場所なのでは?
実は2本の棒は違う長さなのでは?

と突っ込み出すとキリがないほど
全体的に作りが甘いのも否めません。
(2本の棒が同じ長さであることは
第三の棒を使って確認しました)

この写真で見る限りも
全く同じ長さであったはずの2本の棒が、
左側の方が長く見えるので
実際に妙な違和感を感じていたのは
当然のことかもしれません。

超文系の4人で首を傾げながら
第2のポイントに移動です。


これまた何とも言えない、
いやむしろ何とでも言えるお家です。
fc2blog_20120625234759098.jpg
その名も「ミステリーハウス」です。

なんでも元々は水平に建っていたそうですが
見えない力に引っ張られるようにして、
長い時間をかけて地面にめり込んでしまったそうです。

このあたりに来ると
少し先ほどとは違った
何とも言えない空気を感じる気がしました。


気のせいかなと思って
家の中に入った瞬間、
fc2blog_2012062523500015f.jpg
もう明らかにいつもとは違う重力を感じました。

家の傾きに対して、考えられないほどの力で
斜面の方に引っ張られる感覚です。

手すりを持っていないと
あっという間によろけてしまう程の
強い力を感じました。
fc2blog_20120625235013b84.jpg

お姉さんが話してくれた
アインシュタインのナントカという話は
半分も分かりませんでしたが、
自分の体が全てを物語っていました。
fc2blog_20120625235024429.jpg

不思議なことは次々と起こります。
お姉さんが持っているホウキが…
fc2blog_20120625235049833.jpg
アレヨーと手を放しても、倒れません。
fc2blog_20120625235037705.jpg
この写真だけ見ると
「ちょっとこのホウキ倒れないように
斜めにカットとしてな~い!?」

なんて疑いの目を向けるのですが、
実際はもっと不思議なことが起こっていました。

お姉さんが静かに手を離した瞬間
ホウキが縦横にフラフラ揺れているのです。

私が知っているホウキは
手を離すと、運良くそのまま直立しているか
さもなくば、重力に従いゆっくりと倒れていきます。

ホウキが揺れながら立っているのを
生まれて初めて見ました。


続いての不思議です。

ちびっ子達の目線の先には
明らかに右側が下り坂になっていることを示す
計器があります。
fc2blog_20120625235101388.jpg

ここにゴルフボールを置くと
当然のようにゴロゴロと転がっていくのですが、
fc2blog_201206252351147da.jpg
なぜか当然のようにゴロゴロと戻って来るのです。
fc2blog_201206252351236c3.jpg

「えぇーーー!」
とあまりにも驚いていたら
ちびっ子が「あなたもやってみる?」
とボールを貸してくれました。

種も仕掛けもないことを確認済みです。

そうしている間に、
もう一人のヤリタガリさんが
ホウキを手にしていました。
fc2blog_20120625235221ceb.jpg

やはりユラユラしながら
ゆっくりと立ち、ぴたりと止まりました。
fc2blog_20120625235414854.jpg

4人でワーワーキャーキャー興奮していると
「ホウキを置いて家の外に出てください」
とお姉さんに静かに注意されてしまいました。

なんだかイケナイ事をしてしまった気持ちになり
プチ反省をしながら退出しました。

気を取り直し最後の不思議スポットです。
第一の不思議スポット同様
大きさが違って見えるとのことでした。
fc2blog_201206252354262dd.jpg

お互いの肩に手を置き
fc2blog_201206252354521f1.jpg
ぐるりと回ります。
fc2blog_20120625235502761.jpg
見た目ではあまり分かりませんが
本人たちは明らかに
自分の腕が上がった(逆の人は下がった)
感覚があっったそうです。

日本を代表するヤリタガリスト達も
横一列に並んでみました。
fc2blog_201206260001275be.jpg
fc2blog_201206260004522c5.jpg
ものすごいチームワークで
あっという間に入れ替わりです。

どうでしょうか?
そもそも並行に並んでいない
というご指摘はこの際甘んじて受けとめます。

想像以上の体験をした後は、
この日最後のイベントに向けて再出発です。

向かうはボルテックスから車で小1時間の場所にある
シェイクスピアの街「アシュランド」です。

雲が水平でないことが
なんとも気になる道中でした。
fc2blog_20120626000505fe5.jpg

アシュランドはカリフォルニアとの州境にある
小さな街ですが、
夏の間は街をあげて
シェイクスピアの劇を上映するそうです。
fc2blog_20120626000514359.jpg
私たちももちろんシェイクスピア劇を観るために
やってきました。

とても清潔感のある街です。
fc2blog_20120626000523a11.jpg


今回泊まったのはAshland Springs Hotelという
劇場のすぐ近くのホテルです。

とてもかわいらしいお部屋でした。
fc2blog_201206291600105af.jpg

窓からの景色も最高です。
fc2blog_201206291600226d3.jpg

お部屋で小休憩し8:00pmからの劇に備えて
腹ごしらえです。

この辺りもビール醸造処があると聞きつけて
さっそく街にくりだしてみました。
fc2blog_201206260006581b1.jpg

そしてさっそく人だかりのあるお店を見つけ
ウェイティングリスト入りして、
待っている間は外のベンチで乾杯!です。
fc2blog_20120626001016b91.jpg

思いのほかさっと案内してもらいました。
すぐ頭の上でビールがせっせと作られているようでした。
fc2blog_201206260014353d1.jpg

バーカウンターもあります。
fc2blog_20120626001448035.jpg

オーダーしたのはカラマリとホタテのサラダ
fc2blog_2012062600145685c.jpg
フィッシュ&チップス
fc2blog_20120626001505d52.jpg
マルガリータピザ
fc2blog_20120626001515ba4.jpg


どれもビールにぴったりでした。
この他にキムチを頼んだのですが、
むせかえるるような酸っぱさでした。

お腹いっぱいになり
いよいよ夜のメインイベントです。

Ashland Shakesperの劇は全部で10作品ほど上映されていて、
3つの劇場にそれぞれ振り分けられています。

この3つの劇場のうち
もっとも有名なのがelizabethan stage(エリザベスステージ)
と呼ばれる屋外劇場です。
せっかくならということで
屋外劇場で行われる作品を予約しました。

マクベスロミオとジュリエットなど
有名どころを観られれば良かったのですが、
私たちが滞在した日のエリザベスシアターの演目は
「ヘンリー5世」という、
なんとも聞き覚えのないお方のお話でした。

本当に屋根一つない青空劇場でした。
fc2blog_201206260015399a4.jpg

夜は寒くなるとのこで
しっかり防寒をして、
シャンパンで乾杯です。
fc2blog_20120626001550ee3.jpg


事前の詰め込み勉強だけを頼りに
ヘンリー5世が始まりました。
fc2blog_20120626001604258.jpg

日本人の方が出演しているのを見つけ
幾分親近感が湧いてきました。
fc2blog_20120626001615d9e.jpg

夜が深まるにつれ、話も盛り上がってきます。
fc2blog_20120626001632ba8.jpg

そして私たちも1人また1人と
夢の世界に誘われていきました。
fc2blog_20120626001653e62.jpg

ヘンリー5世が最後のセリフを言った瞬間
全ての照明が落ち、
夜空には満点の星空が広がりました。
fc2blog_2012062600170658b.jpg

屋外劇ならではの幻想的な最後でした。


楽しい楽しい1日がゆっくりと過ぎて行ったのでした。
ホーム | Category:トラベルコメント:アイコン Comment4Trackback0

Crater Lake

土曜日は朝からファーマーズマーケットです見学です。
fc2blog_201206241221012a4.jpg

あいにくの雨でしたが
新緑の空気を胸一杯吸って
心も体もリフレッシュです。

fc2blog_201206241221243cd.jpg

クレープとキッシュとパンを購入して
向かうはオレゴン州唯一の国立公園「クレーターレイク」です。

クレーターレイクは火山の噴火後にできた湖で
アメリカで最も深い湖だそうです。

ポートランドからは車で5時間です。
少し車を走らせると晴れ間が見えてきました。
fc2blog_20120624122142092.jpg

天気は終日雨予報だったので
この青空に感激です。
fc2blog_2012062412215624c.jpg

DJ☆kanakoはiTuneで購入したフォークソングをまわします。
fc2blog_201206241222092eb.jpg

オレゴンで聞く「白いブランコ」は格別です。

Hiro君はいつも通りの安全運転です。
fc2blog_20120624122221e84.jpg

fc2blog_2012062412223184d.jpg

fc2blog_201206241222436f7.jpg


自慢じゃないですが我が家の愛車Rogueちゃんのカーナビは
かなりのオールドタイプなので、
いつも道なき道をナビしてくれます。

野生のシカがお目見えするような道を進むこと30分。
完全に道を間違えたと分かり
再度ナビを設定し直すと、
シレッと別の道を案内してくれました。
fc2blog_20120624122253124.jpg

なにせRogue(ならず者)なので
憎むに憎めないかわいいヤツです。

一本道をさえぎるように
大木が横たわっていました。

運転手自ら確認した結果
迂回できると「GOサイン」です。
fc2blog_201206241223077da.jpg

あり得ないことがあり得るのが
旅の醍醐味です。
fc2blog_20120624122321e87.jpg

晴れていたかと思いきや今度は雪です。
fc2blog_20120624131030f2a.jpg

今晩の宿泊先クレーターレイクロッジに着くころには
吹雪となりました。
fc2blog_20120624122639ded.jpg

クレーターレイクロッジは
クレーターレイク国立公園にある
唯一の宿泊施設です。
半年前には予約でいっぱいになるとのことで
我々も去年の年末に予約をいれました。

シンプルですが清潔感のある
居心地の良いお部屋です。
fc2blog_20120624122617d13.jpg

ロビーには暖炉もあったりと
素敵な雰囲気のロッジです。
fc2blog_2012062412262768a.jpg


あらかじめ調べた天気予報では
土曜日も日曜日も雨予報だったのですが、
こちらに着いて再度調べてみると
日曜日は降水確率ゼロパーセントとの
晴天だそうです。


願えば叶うと思いました。
本日のクレーターレイクです。
fc2blog_2012062412264915a.jpg

少しすると晴れ間も見えてきました。
fc2blog_20120624123007e25.jpg

クレーターレイクの湖の青色というのは
筆舌尽くし難いほど
美しい青色だそうです。

そして世界で最も澄んでいる湖とも言われているそうです。

先週末と4日前には
オーロラが見られたそうです。
fc2blog_20120624132412330.jpg
⇧こちら画像お借りしましたが
4日前にオーロラが出現した
クレーターレイクの画像です。

オーロラとは極寒の地でしか見られないと思っていたのですが
こんなところで見られるとは
なんとも身近な存在になりました。

最近プライベートレッスンをお願いしている
アンナ先生という英語の先生の情報で
クレーターレイクでオーロラが見られると知ったのですが、
先生曰く彼女が住むポートランド近郊の街でも
オーロラが出現したことがあるそうです。

そして夫の会社の同僚の方も
家からオーロラを見たことがあるそうです。

新婚旅行でオーロラを見にノルウェーに行き
残念ながら見られなかったのですが、
まさかのオレゴンで見られるかもと
期待に胸がはずみます。

願えば叶うと信じます。

夜は早めの夕食です。
アンナ先生いわくこちらのロッジのディナーは
とても美味しいとのことで、
期待に胸膨らませました。

暖炉の前の素敵な席に案内してもらいました。
fc2blog_2012062413510077f.jpg

長旅のご褒美に乾杯です!
fc2blog_20120624134824297.jpg

アパタイザーのクラムチャウダーに
fc2blog_20120624134504897.jpg

キノコとトマトのブルスケッタに
fc2blog_20120624134511e88.jpg

蟹の身ペーストです。
fc2blog_201206241345171ec.jpg

メインはそれぞれ頼みました。

ポテトの上にアスパラの上に
フィレ肉の上に蟹コロッケです。
fc2blog_20120624123024f30.jpg
蟹を食べるたびに義理兄の顔が思い浮かびます。

リブアイ肉は焼肉の味だったそうです。(夫談)
fc2blog_2012062412303987a.jpg

サーモンのイチゴソースです。
fc2blog_20120624123103632.jpg
イチゴが良い仕事をしていました。

クリームパスタです。
fc2blog_201206241231164c4.jpg
まさにこれが食べたかった(父談)
とのことで、
全員が満足のディナーでした。


晴天の明日に備えて
今晩は早めに寝るとします。
ホーム | Category:トラベルコメント:アイコン Comment3Trackback0

ワクワクは止まらない

22日、2日目は朝からノブヒル散策です。

オモチャ屋さんで姪っ子のお土産探しです。
fc2blog_2012070205115390f.jpg
お猿のジョージと羊のショーンが好きな姪っ子ですが
日本ではグッズをあまり売っていないようで、
私もアメリカ各地で見つけては
コツコツと収集しています。

その後ノブヒルの目抜き通り23rd通りを散策し
日本で言う紀伊國屋のような高級スーパーに立ち寄りました。
(ZUPAN'S MARKETS)

元デパートマンの父は、商品の陳列に
しきりに感心していました。
fc2blog_20120702051249ec3.jpg

陳列と言うより、もはや展示の域です。
fc2blog_20120702051509f52.jpg

fc2blog_201207020515195d1.jpg

fc2blog_20120702051526ef4.jpg

fc2blog_20120702051534808.jpg

fc2blog_20120702051554fc2.jpg

こちらのスーパーではどこも
野菜や果物を積み上げて並べているので、
商品を手に取る度に
JENGAのようなスリルを味わえます。
fc2blog_20120702060404177.jpg

時々ゲームオーバーの人を見かけますが
そんな時は皆で協力して積み直します。


ZUPAN'Sは同じ商品でも他のスーパーに比べ
少し割高です。
その変わりと言うわけではありませんが
さすがに野菜や果物は群を抜いて新鮮です。

生姜もこの大きさです。
fc2blog_2012070205154644d.jpg
アメリカのスーパーは基本的に全て測り売りなので
自分の好きな大きさにパキっと折って購入します。
無駄のない買い物ができます。

スーパーでひとしきり唸った後は
家の近所のイタリアンでランチです。

Piazza Italiaというお店に行きました。

この界隈では一番のイタリアンという評判で
いつも混雑していて店の外にも人だかりができています。

少し遅めのランチだったこともあり
今回はすぐに入れました。
fc2blog_20120702051653ec5.jpg

絶妙のアルデンテと味付けで
どれも美味しくいただきました。
fc2blog_20120702051759f36.jpg

食後は近くの公園をお散歩です。
この公園の石の間から水が出ることを
最近知りました。
fc2blog_2012070205181172d.jpg
暑い日は子供達が水遊びしています。

その後近くにあるPatagoniaでお買い物です。
日本の販売価格のほぼ半値近くで売っている上に
消費税がないので、ついつい大人買いしてしまいます。

ビジネスバッグとして有名な
サムソナイトとやTUMIも驚くような値段で売っています。
もちろん円高効果もあります。

買い物を楽しんだ後はしばし男女別行動です。

女性としてはやはりスーパーを探索するのが
旅の醍醐味でもあるので、
母と私はWhole Foodsを再訪です。

日本でお料理教室をしていて
お菓子作りも大好きな母は、
スイーツコーナーに興味津々でした。
fc2blog_20120702051833717.jpg

以前、羊のショーン好きの姪っ子に
ショーンのカップケーキの写真を送ったところ
fc2blog_20120702063236b48.jpg
母が見よう見まねで、彼女のお誕生日ケーキを作り
姪っ子は大喜びだったそうです。
fc2blog_201207020518583ca.jpg

今回はオリジナルのショーンケーキとご対面です。
fc2blog_20120702051843eb1.jpg

大大大満足なガールズナイトでした。

一方ボーイズナイトはと言うと・・・
fc2blog_201207020519421ff.jpg

Henry's Tavernというブルワリーで密談です。
fc2blog_2012070205220935e.jpg
後から聞くところによると
フリーエネルギーの話をしていたそうです。

こちらのブルワリー(ビール醸造処)では
常時100種類以上のビールを置いているようです。

ボイズンガルズが落ち合って
ボイガルナイトの始まりです。
ディナーはペルー料理のお店andinaです。
fc2blog_201207020522278f0.jpg

自分史上最高のモヒートで乾杯です。
fc2blog_20120702052430d77.jpg

シーフード中心にいただきました。
fc2blog_2012070205244357f.jpg

マッシュポテトとの上に蟹の身と漬けマグロと
帆立フライが乗っています。
ブレーメンの音楽隊を思い出しました。
fc2blog_2012070205245448c.jpg

こちらの白身魚もカリッと仕上がっていて
大変美味しゅうございました。
fc2blog_201207020525029bc.jpg

お店の一角ではJazzの生演奏です。
fc2blog_201207020525276c3.jpg

サービスのクッキーも美味しくいただきました。
fc2blog_20120702052514039.jpg


2次会はやはり我が家です。
fc2blog_201207020525475de.jpg

夫によるオレゴンの講義があり
明日からの予定を確認しました。
fc2blog_2012070205271263d.jpg

飛び切りの週末に向けて
ワクワクを胸に寝床につきました。
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment2Trackback0

幸せな時間

大好きな父と母が遊びにきてくれています。

たくさん話してたくさん笑って
幸せな時間です。
fc2blog_2012062313462006b.jpg

A様、hiroくんついに自転車買いましたよ☆
fc2blog_20120623134724830.jpg
また楽しい報告いたします!
ホーム | Category:未分類コメント:アイコン Comment6Trackback0

家族の再開

6/21-27の間、夫の両親がポートランドに遊びに来てくれていました。

2人だけでの海外旅行は初めてとあって
私たちも事前にできるだけの準備をしました。

一番のネックはなんと言っても入国審査です。
観光旅行での入国審査は
大抵質問されることは決まっているのですが
時々予想外のことを聞かれたりします。

先日カナダのバンクーバーに一人旅をしたのですが
帰りの入国審査で
一人旅の理由や、夫の職業や
果ては結婚して何年なのかまで
根掘り葉掘り聞かれました。

おそらく私のVISAステータスのためかと思いますが、
就職活動中の圧迫面接を思い出すほどでした。

そんなこともあり今回は事前にデルタ航空に、
飛行機到着から税関までのアテンドをお願いしました。

さらに念には念をということで
入国審査で聞かれる質疑応答リストを作り
万が一の時はその紙を見せればいいようにしました。

結果的にはこの紙が大活躍したようで
無事到着ゲートで久しぶりの再開となりました。
(デルタ航空との行き違いがあったようで
アテンド係りの人と落ち会えなかったそうです)


再開を懐かしみつつ家に戻り
お昼からさっそく市内観光スタートです。

まずはポートランドの代名詞
Stumotown Coffeeで乾杯です。
fc2blog_20120702011457678.jpg

ケメックスで入れるコーヒーのメニューが
6種類ほどあったので、
「違う種類のコーヒーを3つ」
とお願いすると、
その場でスタッフのサミットが開かれ
話し合いの結果の選ばれし3フレバーを入れてくれました。

私がバイトちゃんだったら絶対に適当に選ぶだろうなと思い、
いきなりプロの心意気を感じたのでした。
fc2blog_201207020115454bc.jpg

お隣りのACE HOTELでホッと一息です。
fc2blog_20120702012014766.jpg

コーヒーで充電した後は街を散策し…
fc2blog_20120702012118cc1.jpg

どうやら夏の間だけ運営している
旅行者向けの観光バスPink Busに乗り込みました。
fc2blog_201207020122424a2.jpg
バスは1時間に1本で、11箇所の観光名所を回ります。
11箇所のバス停のどこでも途中下車可能なので、
一度降りて観光し、次のバスに乗って再びバスツアーを
スタートすることもできます。

私たちは今の時期ちょうど見頃の
バラ園で途中下車しました。
fc2blog_20120702012349ac8.jpg

満開を少し過ぎ、やや枯れ始めている花もありましたが
一面のバラ畑に感動しました。
fc2blog_2012070201242092d.jpg

fc2blog_201207020125051c5.jpg

fc2blog_20120702012520f8b.jpg

ここの広場ではコンサートとなども行われるそうです。
fc2blog_20120702012619ef0.jpg
私も時々平日ここに来ては
本を読んだり勉強したりしています。

fc2blog_20120702012636e40.jpg

小一時間ほどノンビリしてバスツアー再開です。
fc2blog_2012070201271568e.jpg

お天気に恵まれた1日でした。
fc2blog_201207020127532e6.jpg

観光客向けに自転車のレンタルもしているようです。
fc2blog_201207020128389f8.jpg

このPink Busツアーは1日乗り放題で27ドルなのですが、
効率的に街を回れるので十分にその価値はあります。
fc2blog_20120702012859480.jpg

fc2blog_20120702012815fbf.jpg

少し早めのディナーはDESCHUTES BREWERYという
近所のビール醸造処に行きました。
6種類のビールのテイスティングです。
fc2blog_2012070201312656e.jpg

仕事帰りの夫も合流し乾杯!
fc2blog_20120702013430aa4.jpg

オニオンスープとスイートポテトフライと
洋梨と山羊のチーズのピザです。
fc2blog_2012070201355747d.jpg
洋梨のピザを初めて食べましたが
チーズとマッチし、生地もサクサクしていて
美味しくいただきました。

キングサーモンとハマグリのバター蒸しです。
fc2blog_201207020136264aa.jpg
どれも美味しくいただきました。

男同士の闊達な意見交換?!
fc2blog_20120702014023424.jpg

その横をミルク一気飲みのちびっ子が通り過ぎたり
fc2blog_20120702014045d5f.jpg
楽しい夜となりました。

帰りがけにWhole Foodsに買い出しです。
スイーツコーナーには楽しいケーキがたくさんあります。
fc2blog_201207020141108ac.jpg

fc2blog_201207020141262ac.jpg

fc2blog_201207020141479a1.jpg

fc2blog_20120702014209f28.jpg

fc2blog_201207020142233ef.jpg

一口シュークリームやエクレアなどもあり
意外と優しい甘さで美味しいです。

買い出しをした後は、
fc2blog_20120702014300821.jpg
我が家で2次会です。
fc2blog_20120702014323963.jpg

話の尽きない再開の夜でした。
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment2Trackback0

スタバでスコール☆

北欧とサントリーの宴では
乾杯の際に「スコール!」と言うそうです。

その昔、ヴァイキングが敵の頭蓋骨(スカル)を器に
乾杯をしたことから
乾杯を「スコール」と言うようになった、
と言われているそうです。

と、サントリーで働く夫の親友T君が言っていました。

なぜサントリーで「スコール!」なのかは分かりませんが、
確かに皆で「スコール!」と掛け声すると
いつもより「ワーー」と飲めそうな気がするのが不思議です。

というミクロなネタを前座に
世界最大のコーヒーチェーン
「スターバックス」の話です。

スターバックスが1年ほど前に
ロゴをマイナーチェンジしたのは
少し有名な話です。

<変更前>
fc2blog_20120608074917620.jpg

<変更後>
fc2blog_20120608074924ad6.jpg

一目瞭然「☆STARBUCKS☆COFFEE」という
文字が消えたのですが、
これはスタバにはコーヒーだけじゃなくて
紅茶もあるし他にも色々展開していくよ、

という決意の現れだそうです。


その第一弾!かは分かりませんが
スターバックスでアルコールの販売が始まっています。

スタバ発祥の地シアトル市内で5店舗、
そしてここポートランドにもお酒が飲める
大人のスタバが1店舗あります。
我がネイバーフッドのパール地区です。
<住所>
1134 NW Glisan St, Portland, OR 97209
fc2blog_20120606113125975.jpg
棚の上にはワインが並んでいます。

このロゴのついたスタバは
fc2blog_20120608104815701.jpg
スターバックス リザーブと言って
スタバの最高級ラインの豆を扱うそうです。
日本にも何店舗かあるようです。
(以上A君談)

オレゴンやカルフォルニアなど
西海岸を中心とした生産地のアルコールが並びます。
fc2blog_20120606113319468.jpg

ビールもほとんどが
地元オレゴンのビールです。
fc2blog_20120606113308818.jpg
この数ブロック先には
ここに並ぶビールを製造する
ビール醸造所とレストランがガッシリとあるのですが、
やはり気軽かつ落ち着いた雰囲気でいただくには
スタバは最適な場所です。

コーヒーを頼むつもりが
うっかりワインを!なんてハプニングも
楽しいかもしれません。

気軽に入れますが、
オレゴンは未成年者の飲酒にはとても厳しい州なので
IDを携帯していなければ容赦なくダメ
と言われるので要注意です。

またスタバに限らずオレゴン州は
飲食店での喫煙は全面禁止です。

飲食店に限らず私達のアパートも入居の際に
建物内での喫煙は禁止という項目に
一筆サインしました。
アパートから10フィート以内も
禁煙エリアとして定められています。

煙草嫌いの酒好きには
なんともありがたい街です。

ちなみに「smoke-free」
タバコ吸い放題ではありません。
吸ってはいけないということです。

吸っていいのはsmoking areaです。
ホーム | Category:小話コメント:アイコン Comment4Trackback0

切り株の街のコーヒーの話

ポートランドには色々な愛称があり、
テレビでスポーツ観戦をしていると
ローズシティーリップシティー
と呼ばれるのをよく耳にします。

それぞれに背景があり
1つずつ解いて行く度に
この街がまた好きになります。


そんなポートランドの愛称の1つに
「stump town(スタンプタウン)」(切り株の街)
という呼び名があります。

もともとポートランドは木材の輸出が
主な産業だったこともあり
こう呼ばれることがあるそうです。

そしてこの愛称をそのまま店名にした
Stumptown Coffee Roaster
というコーヒー屋があり、
全米でも注目を浴びるコーヒーロースターだそうです。

ニューヨークのACE HOTELに隣接した店舗もあるようで、
Stumptownのコーヒーを片手に
ACE HOTELのラウンジでまったりするのは
まさにポートランドスタイルです。


ちなみにポートランドのACE HOTELは、
先日発売された
「BRUTUS Casa 今、本当に泊まりたいホテル!」
特集で見事表紙を飾りました。
fc2blog_2012060805050145d.jpg
ホテル宿泊者だけではなく
多くの人にこのロビーを利用してもらうことで
情報の発信地にしたい、
という想いがあるそうです。

このホテルのロビーの奥に
廊下続きでStumptown Coffee Roasterがあるので、
Stumptownで買ったコーヒーを持って
Ace Hotelのロビーでゆっくりすることができるのです。

ダウンタウンにあるStumptownのお店は
あまり広くなく、店内はカジュアルです。
fc2blog_20120606112009782.jpg

あらかじめドリップされたコーヒーを
自分でジャーから注ぐ場合は
確か3ドルほどです。
お代わり自由スタイルだった気がします。
(写真右のポットから↓)
fc2blog_20120606112026671.jpg

普通のコーヒーとは別に
ケメックスで入れたコーヒー
というメニューがあります。

↓写真奥の試験管のような形をしたコーヒーメーカーが
ケメックスと呼ばれるものです。
fc2blog_201206061120374af.jpg
オーダーしてから豆を挽き
一杯一杯丁寧に注いでくれるので
手間と技術を要します。
そのため普通のコーヒーよりはお高く
5ドル弱ほどですが、
それ以上の価値は十分にあります。

お恥ずかしながら
コーヒーは眠気覚ましに飲むものだと思っていた私ですが、
Stumptownのコーヒーをいただいて
今まで私が飲んでいたのは何だったのだ!?
と思うほどコーヒーの概念が変わりました。

飲んだ瞬間にフワっと鼻に抜ける香りがし
余韻を残しながら鮮やかに去っていくのです。

あの娘に会いたいという気持ちで
2口目をいただくのです。

夫とは「コーヒーと言うよりワインだね」
と言って納得し合っています。

Stumotownは、コーヒー豆の原産地などの詳細を
いち早く明示化したことで、
スペシャリティコーヒーを求める層に
指示されるようになったそうです。

お店のホームページにも
生産者を映した動画が掲載されています。

Stumptown Coffee Roasters: Kenya from Stumptown Coffee Roasters on Vimeo.


今度からはこのオイチャンが
舌先で小躍りしそうです。

ちなみにコーヒー通のA君によると
Stumptownのコーヒーは日本のバリスタも
大絶賛だったそうです。

「日本のバリスタも大絶賛!」
この言葉に、私達のトレンディーな舌が
影響を受けていないわけがないのでした。


Stumptownのガラスケースに並ぶパンは
little t american bakerという
橋向こうにあるパン屋のものでした。

Stumptown流ケメックスでのコーヒーの入れ方
がHPに掲載されていたので、
情報までにアドレス掲載します。
http://stumptowncoffee.com/guide/chemex/#


コーヒー熱はまだまだ続きそうです。
ホーム | Category:小話コメント:アイコン Comment1Trackback0

SCAA Expo in Portland

今回はコヒーイベントの話です。

SCAA(スペシャルティコーヒー協会アメリカ)
世界最大のコーヒー取引団体で、
安かろう悪かろうではなく
栽培や焙煎など団体が定めた一定の品質を
クリアしたコーヒー豆を
適性価格で流通させることを
目的とした団体だそうです。

このSCAAが年に一度全米のどこかで、
生産者とトレーダーとユーザーと
とにかくコーヒー関係者を一堂に会した
展示会を開きます。

今年はたまたまポートランドが
その会場に選ばれたそうで、
夫の会社の後輩で
コーヒー担当のA君とその後輩L君
がこのイベントに参加するために
ポートランドにやってきていました。

A君は私達が日本にいる時に
我が家にご夫婦で遊びに来てくれたこともあり、
当時はまさかポートランドで再開するとは
露も思っていなかったので、
ご縁とは本当に不思議なものです。

彼らがポートランドに到着した4月19日(木)のディナーに
私も寄せてもらいました。

ウィラメット川沿いにあり
シーフードが美味しく景色も美しい
McCormick & Schmick's Harborside - Portland
というお店です。

ハーフワイゼンで乾杯をした後は
それぞれの話をして、
楽しい時間となりました。
fc2blog_20120606111836b89.jpg
この日初めて会ったL君は関西出身ということもあり
久々にテンポの良い会話を聞き、
少し故郷を懐かしく思いました。

アパタイザーに頼んだ牡蠣とクラムチャウダーです。
fc2blog_2012060611184713b.jpg

目を輝かせて「美味しい美味しい」と言ってくれると
別に私が作ったわけではないのですが
とても嬉しい気持ちになります。

この後特別ゲストも登場したりで
楽しい夜はあっという間に過ぎて行きました。

少し早めに彼らと別れた後
夫と二人で寄った2軒目も
なかなか素敵なバーでした。
fc2blog_20120606111910d5c.jpg


翌日4/20(金)に開催された
SCAAのコーヒーエキスポを
私も覗いてきました。
fc2blog_20120606111955d41.jpg

参加者を送迎するためでしょうか、
外には自転車タクシーが並んでいました。
fc2blog_20120606112140870.jpg

ここは以前チョコレートエキスポを開催していた
イベントスペースと同じ場所です。
fc2blog_20120606112202731.jpg

会場に入るといきなりグアテマラコーヒーがお出迎えです。
fc2blog_20120606112216586.jpg

何種類か試飲をし
味の違いが分かったような気になりました。

色々なブースをちょこちょこと覗かせてもらったのですが
「フェアトレード」
「サイステイナブル」

というキーワードを見聞きしました。

「フェアトレード」とは公正な取引の事を言い
コーヒー豆を適正価格で市場に流通させることにより
立場の弱い生産者の生活を守ろう
ということだそうです。
コーヒーだけではなくチョコレートのパッケージなどでも
よく「フェアトレードマーク」を見かけます。

「サステイナブル」とは日本語で
「持続可能な」という意味です。
ぼんやりとした意味で
分かったような分からないような気になりますが、
先日「サステイナブル」に関して面白い記事を読みました。

私のお気に入りのスーパー
Whole Foods Market(ホールフーズ)では
オーガニック食品を主に扱っていて、
日本で言うと「成城石井」のようなスーパーがあります。
(個人的見解です)

オーガニックな野菜と
サステイナブルなシーフード
を販売している
と謳っているのですが、
先日このホールフーズマーケットが
12種類のシーフドを店頭から除外する
と決定したそうです。

その12種類の中には
タコやマグロなど馴染みの深い食材も含まれています。
そしてその最大の理由というのが
乱獲による海洋資源の減少だそうです。

乱獲された魚を店頭に並べることは
将来的に考えて持続可能ではない
と判断されてのことのようです。

ただ私が面白いと思ったのが
ビンチョウマグロに関しては
はえ縄漁で獲られてものはノンノンだけれど
流し漁や一本釣りはオッケーだよ

という例外があることです。

魚の品種だけではなく
その漁獲方法まで言及する、
これが「サステイナブル」ということなのかな
と前より少し分かった気になりました。


話がどんどんそれていくのは
母親譲りなのですが、
そろそろコーヒーイベントの話に戻ります。

このコーヒーエキスポでは
コヒー豆だけではなく、
コーヒー関連商品も展示販売されています。

最新のコーヒー焙煎機や
fc2blog_2012060611293252c.jpg

fc2blog_20120606112600de2.jpg

タンブラーや
fc2blog_20120606112343c8b.jpg

コヒー豆が入っていた麻袋のリサイクルグッズや
fc2blog_20120606112537e6b.jpg

色々なデザインのスリーブなど
fc2blog_20120606112619ff8.jpg
見ているだけで楽しくなるグッズも
たくさんありました。

ちなみにZOJIRUSIと
fc2blog_20120606112810ddb.jpg

UCCのブースもあり嬉しくなりました。
fc2blog_20120606112756a97.jpg


コーヒーエキスポをたっぷり堪能した後は
フライデイナイトを楽しむために
夫と合流し牡蠣を食べに行きました。
サステイナブルオイスターかどうかは分かりません。

fc2blog_20120606112952d27.jpg

日が暮れると肌寒いどころか
震える寒さだった4月なのですが、
店内が一杯だったので
とりあえずテラス席で軽く一杯しばいて
2軒目に移ろうなんて話でまとまりました。

なかなか来ないオイスターに
ちょっと後悔し始めた頃、
お店の前を通りかかった日本人男性に
声をかけられました。

普段は街中で日本人を見かけることは
滅多にないのですが、
コーヒーイベントの週は
今思えば普段よりも日本人を多く見た気がします。

夫はちょうどその人に
背を向けて座っていたので、私に
「SCAA関係の方ですか?」
と話しかけてきました。

私はつい先ほど自分が参加したイベントが
SCAAだったなんてことはすっかり忘れていて、
何ですかソレ
くらいの勢いで言葉を失っていると
夫が「私達は関係ないのですが・・・」
と手短に状況を説明しました。

その男性の他にもう2人別の男性がいて
3人でSCAAのコーヒーエキスポに参加する予定で
ポートランドに来ているとのことでした。

立ち話も何ですし
せっかくのご縁ですので、
ということで彼らにも軽く一杯お付き合いいただきました。

年はおそらく私達と同じくらいではないかと
推測したのですが、
共通の友人同士だった3人が
一念発起し脱サラしてコーヒー屋を始めたそうです。

お店の名前はCafe Obscura(カフェ オブスキュラ)と言い
三軒茶屋にお店があるそうです。
三茶は私達のランニングコースでもあったので
これまたご縁を感じる次第でした。

美味しいコーヒーの定義って何ですか?
なんていうド素人な質問にも
丁寧に答えてくださいました。

酸味とプレゼンテーションと…
色々あるそうで、やはり素人には
少し難しそうでした。

そして逆にポートランドについても色々質問され、
私は得意になって答えました。
パン屋のコーヒーはスペシャルティコーヒーであることや
カフェのコーヒーは飲み放題が多いことや
ポートランドの路面電車は無料であることや。

その度に大きく頷きながら
メモを取り、分からないことはすぐに質問する姿勢に
とてもとても感心してしまいました。

コーヒーを通して日本に文化を作りたい
という旨のことを話されていて、
なんだか私達まで大きなパワーを
もらった気がしました。


日本に帰ったら必ずお店に伺います
という硬い約束をして彼らと別れました。

Cafe Obscuraが特集された記事がありました。
http://allabout.co.jp/gm/gc/219405/


帰路に着く途中で、
一仕事を終えたA君とL君から連絡があり
せっかくなので我が家で2次会を!
とお誘いをし、
お土産をたくさん抱えて遊びに来てくれました。

二人ともとても人懐っこく、
聞くバランスと話すバランスがとても心地よいので
夜更け過ぎまで引き留めてしまいました。

ポートランドの楽しい思い出が
また1つ増えた一日でした。


ちなみにこの日を境に我が家でも
スペシャルティコーヒーを入れるようになりました。

飲んだ瞬間ファっと花開くような、
爽やかな目覚めの一杯を入れられるようになりたいです。
fc2blog_201206010935465e8.jpg
ホーム | Category:未分類コメント:アイコン Comment3Trackback0
Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
284位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。