スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Category:スポンサー広告 | Comment | Trackback

He Hoppedな日曜日

大きな自転車屋さんに向かうため
郊外に車を走らせた日曜日でしたが、
お目当てだった自転車屋さんが
それほど大きくなく
がっかりした昼下がりでした。

空港の近くまで来たので
以前偶然見つけた「I HOP」という
ファミリーレストランを視察することにしました。

私は全くと言っていいほど
このお店を知りませんでしたが、
夫は学生時代えらくお世話になったようで
このお店のワッフルは懐かしの味だそうです。

カーナビに「I HOP」を入力し
ナビに従いたどり着いたお店は
既につぶれていました。

執念で別の「I HOP」を探し出しました。
ちょっと視察のはずでしたが、
店の前に車を停めると
やっぱり入ってしまうわけです。

難しい顔でMENUを読み込んでいます。


MENUはこんな感じです。
0226-2.jpg

ジャンクの極みです。
0226-3.jpg

2時頃にお店に入りましたが
周りの人たちは1人2皿頼んでいて
何ご飯かと不思議でした。

失礼ながら
100キロ超級の方がたくさんいらっしゃいました。

夫が頼んだのは、シンプルなワッフルに
アイスクリーム添えです。
0226-4.jpg
私も1口いただきましたが、まー普通です。

アイスを付けると7ドル8ドルするので
だったらあそこで食べたあのパンケーキ
の方がいいと思いました。

懐かしの味をペロっ
0226-5.jpg
ペロっ
0226-6.jpg
と完食です。

その足で日系スーパーの
宇和島屋に向かい、
夜の食材を調達です。

この日の夜はしゃぶしゃぶパティーです。(2人で)
0226-7.jpg

カセットコンロがないので
食べたい人はキッチンでセルフサービスです。
0226-8.jpg

ゴマダレにポン酢with大根おろしで頂きます。
0226-9.jpg

とてつもなく美味しかったです。

多めに買ったお肉は
肉・サランラップ・肉・サランラップにして
0226-10.jpg
大事に大事に冷凍です。

アメリカと日本のご馳走対決でした。
スポンサーサイト
ホーム | Category:日常の事コメント:アイコン Comment3Trackback0

借り暮らしな土曜日

10月に開催されるポートランドマラソンを意識して、
最近長距離を走るようにしています。
(まだエントリーしていないのですが・・・)

ここ1ヶ月は
10キロを週2ほどのペースで頑張っています。

ランニングのお供に
ランニングipodnike1
コイツがなかなか良い仕事をしてくれます。

第3回東京マラソン(2009年)を完走したワ・タ・ク・シ☆

でありますが、その時からの付き合いです。

これ何かと言いますと
Nike+iPodのコラボレーション商品です。

オレンジ色のセンサーを
Nikeが発売している専用の靴に装着します。
ランニングipodnike2

そして白色の相方をiPodに装着します。
ランニングipodnike3

これでipodを起動させると
距離・時間・カロリーなどの項目から
好きな設定ができます。

例えば10キロ走ろう、ということであれば
距離→10キロ
と設定すれば、
ipodで音楽を聴きながら走っていても
スッチーのアナウンスのうよに
曲の合間に
「現在1キロ・〇分経過・ペースは〇〇です」
と耳元で教えてくれます。

終了するとその日の結果を教えてくれます。
ランニングipodnike4

距離・時間・ペース・カロリー
が表示され、
このipodをパソコンにつなぐと
パソコン上で、いつどれくらい走ったかを
全て管理できます。

私はそこまではやっていませんが
10キロという目標を持って走るには
かなりお役立ちアイテムです。

だいたいいつも10キロ1時間ペースです。

普段は、
一人で走っても安全+信号がない
という理由でもっぱら川沿いを走ります。

川沿いはたくさんのランナーが走っていて
晴れた日に走ると、本当に気持ちがいいです。

その写真はまた別の日にアップいたします。

夫と一緒に走る週末は少し遠出をということで
pokpokでブランチをした後、川向こうまで走りました。

pokpokはここいらでは有名なタイ料理屋さんです。
鶏肉と
0225-1.jpg

フライドライスとヌードルinスープを頼みました。
0225-2.jpg

とても美味しいですが
タイ料理かと言われると、
少し(?!)という感じがしました。

このお店は我が家からは車でしか
アクセスできないので、
飲兵衛の2人は気軽に行けませんが
テラス席などもあり
夏はとても気持ちよさそうです。


家に戻りこの日のランニングコースは
川向こうのbamboo sushiという日本食屋さんで折り返しです。

このお店もお寿司が美味しいことで
有名だそうです。

道中に面白いお店(?!)を発見しました。
バスを改造してレストランにしていました。
0225-2-3.jpg

0225-2-4.jpg

bamboo sushiに無事到着し
片道6キロで折り返しです。

帰り道では夏の予定を話し合ったのですが
自転車があった方が良いということになり、
その足でダウンタウンの自転車屋を覗きました。

0225-2-5.jpg


アメリカには(たぶん)
いわゆるママチャリは存在しません。
0225-2-6.jpg
マウンテンバイクのような
前傾姿勢になる自転車がほとんどです。

お値段はピンキリですが
おそらく日本で購入するよりは
格段にお安いと思うので、
これを機会に購入を検討しています。

イケてる自転車を調査中です。


で、この日の夜はLiving Room Theaters
2月18日より公開されている
「借り暮らしのアリエッティー」を観ました。
0225-4.jpg
洋題は「The Secret World Of Arrietty」です。

木の温もりが北欧風です。
0225-3.jpg

劇場の隣にレストランが併設されていて
ここで頼んだ料理を
映画を観ながら食べられます。
0225-5-2.jpg

劇場内は100席ほどでこじんまりとしています。
0225-6.jpg
一番後ろと一番前はテーブル席があります。
他の席は2人掛けのソファー席です。

足元も広々で、こんな感じでくつろげます。
0225-7.jpg

レストランで頼んだ料理を
座席まで運んでくれます。
0225-9.jpg

前の方はサラダを注文。
0225-10.jpg

私達はモヒートとビールと
家からこっそりもってきた
スナックをつまみました。

満員御礼で始まったアリエッティーは
字幕ではなく英語の吹き替えでした。

なんとなく内容を知っていたこともあり
ストレスなく観賞しました。

劇中に出てくる男の子の名前は
「ショーン」となっていてい
アメリカバージョンでした。

そして途中ショーンが
アリエッティーに向けて書いた手紙も
「You forgot something」
と英語になっていました。

日本に帰って日本版を観たいと思いました。

「借り暮らしのアリエッティー」は
イギリスの児童向け小説
「The Borrowers(借りる人達)」
が原作だそうです。

神への畏れを忘れてしまった人間に、
驕りではないかと問いかけているように思いました。

ポートランドに来て、
人間も動物も自然も全てが対等で
全てが地球の一部だと感じることが多くなり、
今の私にとって、とても考えさせられる作品でした。

映画の後はmasu sushiで一杯ひっかけました。
いつ来ても満席です。
0225-12.jpg

バーカウンターでお寿司をいただくのは
かなり新鮮な感覚です。
0225-11.jpg

天ぷらと
0225-13.jpg

お寿司達。
0225-14.jpg

海から借りたお魚達を
大事に美味しく頂きました。
ホーム | Category:日常の事コメント:アイコン Comment4Trackback0

懐かしい味

21日(火)はK夫妻帰国の日です。
ロス経由だったので5:30pmポートランド発です。

ダウンタウンからポートランド空港までは
電車で50分ほどなので、
余裕を持って3:00pm頃に
ダウンタウンを出発することにしました。

時間まではダウンタウンで
ラストショッピングです。

荷物の整理やパッキング終え
10時過ぎに家を出発し、
目指すはポートランド最後のレストラン
Kenny and Zuke’sです。

このお店はユダヤ料理の1つ
『パストラミ』が美味しいことで有名です。

開放感のある大きい窓からは
光がサンサンと降り注ぎます。
0221-12.jpg

パストラミとは塩漬けにした肉の燻製のことで
ベーコンのような感じですが、
豚肉だけではなく牛肉や鶏肉の燻製もあります

その名の通り、KenさんZukinさんのお店です。

K  「アメリカには美味いユダヤ料理がないよな」
Z  「特にパストラミはひどいもんさ」
K&Z「だったら俺達で作ろうぜ!!」


的なノリで始まったようです。

何度も試作をし
ようやく完璧なパストラミが完成したのですが、
それは画期的な手法でも
最新の機械を使うでもなく、
昔ながらの製法がいい!!
という結論にいたったそうです。

田舎の小さなレストランで
このパストラミを挟んだ
パストラミサンドを提供していたのですが

K 「このパストラミひっさげて街で一旗あげようぜ!」
Z 「awesome(それヤバイ)!!」


と言ったかどうかはさて置き、
ポートランドに店を出すことにしたようです。

出店にあたり
お店のメニューをほとんど全て見直し、
パンやベーグルはもちろん
その食材にまでこだわったそうです。

そして彼らが一番こだわった「味」。

それは食べた瞬間に、
田舎のおばあちゃんのこと
昔旅したあの街のこと
幼少期に家族と行ったお祭りのこと

そんなことを、ふっと懐かしく想う。
そういう「味」にしたかったそうです。

0221-8.jpg

以上いいはなシーサーでした。

この内容は、お店のHPを読み
私が妄訳(妄想して訳す)したものなので
事実と異なるかもしれませんが
予めご了承ください。

ちなみにこのお店は、
ポートランドっ子にも旅人にも
ウチのパストラミを楽しんで欲しい

ということで、街の中心に位置する
ACE HOTELというデザイナーズカジュアルホテル(?!)
のすぐ隣にあります。
0221-11.jpg

前置き長くなりましたが、
私達が頼んだのは…

K君がMESHUGALETTA。
パストラミ・サラミ・ローストビーフ・ターキー
のサンドウィッチです。
0221-3.jpg
要は、
「店にある肉全部持ってこ~い」サンドウィッチです。

IちゃんはMEAT LOAF。
0221-4.jpg
これまた完璧にキャラメリーゼされた
オニオンが挟まっています。
ミートローフは「牛何頭分?」
という肉厚でした。

私はTHE DELI COBBをオーダー。
0221-5.jpg
パストラミ・チキン・アボカド・
トマト・卵にブルーチーズドレッシングです。

キャーこんなにたくさん食べれるかしから~
0221-1.jpg
と言いながら、ほぼ完食いたしました。

0221-6.jpg
さすがに夜までお腹は空きませんでしたが。


食後はダウンタウンをショッピングし
3時前には街を後にして
空港に向かいました。

私も空港までお見送り、
というか無理やりくっついて行きました。

一人になった帰りの電車は
少し寂しいですが、
楽しい思い出をくれた2人に
感謝の気持ちでいっぱいでした。


みんなそれぞれの人生で
これから色々な経験をして、
丸くなったり尖ったり
落ち込んだり笑ったりするだろうけれど、
どこに行っても、いくつになっても
ありのままを受け入れられる
そんな関係でいたいです。

そしてこれからも4人の「懐かしい味」を
増やしていきたいと思います。

0221-13.jpg
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment4Trackback0

Rogue達の雪遊びからのLast Night☆

20日(月)は朝からMt.Hood!!
とはいかず、ゆっくり起きて
お昼前にMeadowsのスキー場に向かいました。

前日に車を降りた場所より
もう少し下の場所で
スノウアクティビティーができるようだったので
そちらに向かいました。

この日はあいにくの雨&雪で
完全防備で雪遊びです。

Iちゃんのリクエストの1つだった
TUBE滑りに挑戦です。

0220-1.jpg

1日滑り放題で一人$20でした。

雪滑り専用の浮き輪を持って
えっほらえっほらスタート位置まで登ります。



キッズもしくはキッズ同伴のアダルトに混ざって
松坂世代の4人も童心に返ります。

0220-3.jpg

浮き輪にオシリをはめるのではなく
うつぶせで浮き輪にのっかり、
頭から滑っていきます。
思いのほかスリリングな遊びです。
0220-5.jpg 0220-4.jpg

0220-7.jpg 0220-6.jpg

0220-8.jpg 0220-12.jpg

0220-11.jpg 0220-13.jpg

K夫妻ナイスリアクションです。
いつも冷静沈着・ウンチク王のK君の
こんなにヤンチャな姿を初めて見ました。

超インドア夫婦も挑戦です。
0220-16.jpg 0220-17.jpg

0220-18.jpg 0220-19.jpg
必要以上に反っている嫁と、
浮き輪と一体になる夫です。

0220-20.jpg 

二人揃ってゴールです。

登って滑って登って滑って、
ただひたすらその繰り返しですが
体を使って遊ぶのは本当に楽しいです。

4回5回ほど滑った後に
誰からともなく、
「あの坂登るの結構シンドイよね」
という話になり、
待ってましたとばかりに
満場一致でTUBE滑り終了です。

その頃には雪がかなり降ってきていたので、
K夫妻最終日の夜のお楽しみのためにも
早めに街に戻ることにしました。


朝からバナナブレッドしか食べていなかったので
帰りがけに、いつものクレープ屋に寄りました。

Chez Machinでご飯クレープとおやつクレープを頼み、
2皿を4人でシェアしました。
0220-22.jpg

ここの定員の女の子は
いつもニコニコかわいらしく、
また来たいと思う理由の1つでもあります。


家に帰り、ちょいと綺麗な格好に着替えた後は
K夫妻Last Nightのスペシャルディナーです。

私達の行き着けになりつつある
andinaを予約しました。

ここは以前、ペルー料理のお店と書きましたが
どうやら地中海料理の間違いだったようです。

どっちにしてもあまりピンときませんが、
どれを食べても美味しいです。

お店の雰囲気も良く、
落ち着いた内装ですが
いつ来ても満席で、活気があります。

お店のBGMは生演奏です。
0220-23.jpg

モヒートとマルガリータで乾杯した後は
続々とお料理が運ばれてきます。

まずはシュリンプカクテルでウォーミングアップです。
0220-24.jpg
一口でいただくと、
おしゃべりができなくなるくらい
口の中がモゴモゴになります。

どんどん運ばれてきます。

奥から・・・
・チリコンカンパイの粉糖がけ
・ホタテの和風ソース フライドオニオン乗せ
・アボカドの蟹肉詰め
0220-25.jpg

・白身魚と八宝菜の野菜凝縮スープ
・チキンのオニオンソース添え
0220-26.jpg

味の記憶を頼りに
メニューにタイトルをつけてみました。

地中海料理なので『ホタテの和風ソース』は
完全な主観です。

もっと食べた気がするなー
と思ったら、以前頼んだ
・白身魚のカルパッチョ
・ユッケ
も頼んでいたことを思い出しました。

4人で7皿+3杯を完食です。

K夫妻最後の夜ともなると
お酒も進み、話も盛り上がるわけですが
夫が「隣の席の熟年カップルをどこかで見た」
としきりに私に耳打ちしてきました。

自分の携帯番号も未だに覚えていない私が
どこかで会ったかもしれない人の顔を
覚えているわけもなく、
適当にあしらっていました。

そんなことも忘れて別の話をしていると
Iちゃんが急に
「隣の人達、サタデーマーケットで
 メキシコ料理作ってた人達だ!!」

と言い、夫も「あーーっ!!」と思い出し
二人で握手をして
記憶の引き出しを共有していました。

Iちゃんは一度見た人の顔は
忘れないそうです。

この特技を何かに活かしたい
と言っていましたが、
広報で活躍する彼女は
遺憾なくその実力を発揮していることと思います。

何でもすぐ忘れる私ですが、
人への好奇心だけは
下世話なほど強いので、
老後は一緒に探偵事務所を立ち上げよう!
ただし土日休みね!!

と固い約束をしました。

andinaでお腹いっぱいになった私達が
最後に向かったのはJimmy Mak'sという
jazz clubです。
0220-27.jpg

2月17日~26日まで
ポートランド・ジャズ・フェスティバル
が開催されていました。

この期間中、多い時では
1日10箇所以上でJazzイベントが行われています。
ホテルの一角だったり
公共のスペースだったり
誰もが気軽にJazzを楽しめます。

私達が行ったJimmy Mak'sは
ポートランドで老舗のJazz clubです。

出演者はCharles McPHERSON(チャールス・マクファーソン)という
アルトサックス奏者でした。
0220-28.jpg

食事なしの予約では
席の確保ができないようで、
並んだモン順での案内となりました。

私達が到着した時は既に満席で、
前に並んでいたカップルも
立ち見を案内されていました。

0220-33.jpg

NYのBlue Note同様
立ち見を覚悟したのですが、
私達の番が来ると、
ウェイターのお兄ちゃんが
思い出したように、
「あそこの席が空いてるよ」
と前方の席を指しました。

指された方に行ってみると
いや、さすがにここは予約席だろう。
というほどの好位置で、
思わずお兄ちゃんに確認しに行きましたが
サムズアップでOKしてくれました。

ということで
舞台のすぐ横の席を確保です。
0220-29.jpg

音響を楽しむには
中央後方がいいのでしょうが、
K君は生Jazzが初めてだったようで
臨場感溢れるこの席を、
とても気に入ってくれました。

0220-32.jpg

このJazz clubは
ほぼ毎日誰かが演奏をしていて
普段であれば予約なしで入れ、
カジュアルにJazzを楽しめます。


お値段もカジュアルで
今回は一人$15+飲み物でした。
0220-31.jpg



オレゴンのピノ・ノワールをいただきながら
JazzyなLast Nightに酔いしれました。
0220-30.jpg
ホーム | Category:未分類コメント:アイコン Comment6Trackback0

Rogue達のlittle trip

2月20日(月)はPresident's Day(祝日)だったので
2月19日(日)-20(月)の1泊2日で
4人で雪山合宿に行くことにしました。

下見と称して
何度か二人でMt.Hoodに行ったことはあるのですが、
お天気に恵まれなかったり
雪にビビッたりで
雪山でアクティビティーを楽しむのは
初めてでした。

1泊2日とは思えない荷物を詰めていざ出発です。



と、その前にPine State Biscuitsで腹ごしらえです。
このホームページの写真を見ると
思わず画面をかじりたくなるビジュアルです。

もともとはファーマーズマーケットのみで
販売していたそうですが、
人気に火がつき店舗を持つようになったそうです。

揚げたてサクサクのジューシーチキンが
ほどよい塩味のスコーンに鎮座しています。

Iちゃんが頼んだのはThe Mcisley。
0219-2.jpg
フライドチキンとピクルスに
マスタード&ハニーのソースがけです。

K君はこの店スペシャルの一品。
Reggie Deluxe
0219-3-2.jpg
チキン・ベーコン・チーズ・目玉焼きの間から
マグマのようなグラビーソースです。

断面図です。
0219-3.jpg
このボリュームでなんと$8です。
つまり¥640ほどです。
チップをいれても¥800そこいらです。
自由が丘だと1800円はします。

ダウンタウン近郊には、マクドナルドが
1~2店舗しかないのも納得です。

夫が頼んだChicken Club。
0219-4.jpg
スコーンで挟むことに
もはや限界を感じる高さです。


そして鶏一派の私が頼んだのは!!!
0219-5.jpg
コーンミールパンケーキでした。。

これはただのパンケーキではなく
私が今まで食べたパンケーキで
一番美味しいパンケーキでした。

お好み焼きで言う
山芋のようなツナギが
良い仕事をしていて、
お口に入れるとトロトロしました。

一度家でコーンミールパンケーキを
作ってみる価値ありです。

いたずらにメニューのURLを掲載するので
是非エアーオーダーしてみてください。
(サイト内のカメラの絵にカーソルを乗せると
 写真が出てきます)
http://pinestatebiscuits.com/menu/

朝昼兼用の食事を済ませたあとは
雪山に行く前に
マルトノマ滝に立ち寄りです。

マルトノマ滝は落差189mで
アメリカで5番目の規模だそうです。

写真の場所から奥に写る橋までは
10分ほどの距離ですが、
そこから滝のてっぺんに続くトレイルは
片道1時間の長く険しい山道です。

以前夫と二人で登頂しましたが
ガイドカナコとしては
あまりお勧めできません。

登るのがかなり大変な割りに
頂上からの景色が迫力に欠けます。
(以前の登った際の写真)
0219-3-3.jpg

0219-3-4.jpg

やはり滝は下から見上げるのがいいと思います。

今後、どうしても登りたい
という方が現れた際は、
ガイドとドライバーは
下でお茶してお待ちします。


マルトノマ滝をサラっと見学した後は
いよいよMt.Hoodに出発です。

雪がなければ2時間弱の道のりですが
山の中腹までくると
道路には雪が積もり
チェーンなしでは走れなくなります。

路肩に車を寄せ
夫は生まれて初めてのチェーンです。
0219-7.jpg
と言うか、4人とも誰も
タイヤにチェーンを掛けたことがありません。
0219-8.jpg

夫と二人だと
完全にパヨパヨになり
躊躇なく引き返すのですが、
今回はなんとも心強いお二人が一緒です。
0219-9.jpg

0219-10.jpg

YMCAで生きる知恵を学んだK君と、
車(特に我が家のメーカー)のプロフェッショナル
Iちゃんが一緒となると、
向かうところ敵なしです。
0219-11.jpg

私は皆の安全を確保する担当でした。
かなりの不適任ですが。

Iちゃんに我が家の愛車
『rogue(ローグ)』の意味を教えてもらいました。
『ならず者』だそうです。

『ならず者』にチェーンを掛け
スキー場目指して再出発です!!


Mt.Hoodには大きく3つのスキー場があり
その中の1つMeadowsという
スキー場に行きました。
0219-13.jpg

ここは初級者~上級者用コースと
ハーフパイプが2~3つあり、
幅広い層が楽しめるようです。


どの層にも属さない私達はと言うと、
ちびっ子達に混ざってTUBE滑りを
楽しむことにしましたが、
この日は到着したのも遅かったので
翌日に再度訪れることにしました。
0219-14.jpg


Meadowsのスキー場を下ること
1時間ほどで、この日宿泊予定の
ロッジcolumbia cliff villasに到着です。
Food riverという街です。

せっかくの4人なので
2ベッドルーム2バスルームに
キッチン付きの部屋を借りました。


0219-16.jpg

0219-17.jpg

このロッジはコロンビア川沿いに
建っていて、
近くではトレッキング・マウンテンバイク・
カヌーが楽しめ、
ウィンドサーフィンの聖地
と呼ばれる場所まであります。

インドア派は、ワイナリーやフルーツ畑や
ラベンダー畑でゆっくり過ごすこともできます。

夏には是非とも再訪したい場所です。
0219-18.jpg

ロッジ近くのスーパーに買出しに行き
夜の宴に向けて準備です。
0219-19.jpg


私はハンバーグ、
Iちゃんは実家秘伝レシピのオムレツと
クラムチャウダーを作りました。
0219-20.jpg

私のハンバーグは
実家秘伝ではありませんが
ツナギを使わないカナコスペシャルです。

ひき肉&玉ねぎのみの
肉々しいハンバーグです。

パンの上にチーズとハンバーグを乗せて頂くと、
思わず
「miku meets chees 出会いこそ~♪」
(TRF 『boy meets girl』)
と舌つづみです。
0219-21.jpg

Iちゃんの秘伝オムレツはと言うと
0219-22.jpg
卵のベールに、ひき肉と言う宝石が
包んであるかのような
繊細かつ贅沢な一品でした。

暖炉の炎に照らされながら
飲んで歌って踊って、
長い長い一日が更けていきました。
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment6Trackback0

肉へのオマージュ

2月18日(土)は朝から
ファーマーズマーケットに行きました。

ファーマーズマーケットは
例年は春から夏の間しか
やっていないらしいのですが
今年は土曜日だけ1月から開催しているようです。

写真を撮り忘れたので
別日に行ったファーマーズマーケットの写真です。
farmer4.jpg

farmer2.jpg

farmer3.jpg

ローカル野菜はもちろん
卵やサラミやクッキーまで
ワクワクする食材がなんでも揃っています。

ローカル野菜を使った屋台もあります。
farmer5.jpg

farmer6.jpg

farmer1.jpg

↑ここのお店で豚肉入りのトリティーヤを頼み
4人でシェアしました。

この屋台の店員と予期せぬ再会を果たすのですが
それはまた別の話です。


屋台→car deliで腹ごしらえをした後は
ワイナリー→アウトレットです。

Domaine Drouhinという
素晴らしい景色で有名なワイナリーです。

夏は一面の葡萄畑なのだろうと想像すると
今からワクワクします。
0218-1.jpg

0218-2.jpg

0218-3.jpg

4種類のワインの試飲があったので
ドラーバーの夫に失礼し
3人でいただきました。
0218-4.jpg

0218-5.jpg

試飲メニューのタイトルが
「Flight(飛行)」と表現されていて
まさにお口の中はリトルトリップです。

暖炉もありくつろぎのスペースです。
0218-6.jpg

ワインの説明を真剣に聞くお二人。
0218-7.jpg
ワインの表現を覚えたいなーと思いました。

翌日に企画していた雪山合宿に備え
ワインを調達しようと思っていたのですが、
少しお高めだったこともあり
これはこれで美味しかったと完結しよう
ということになり試飲だけで終わりました。

ワインについては全くの無知ですが
コストパフォーマンスも大事な要素だと思いました。

ワイナリーの後は
ウッドバーンのアウトレットで
消費税ゼロのオレゴンショッピングを楽しんだ後は
いよいよこの日のメインイベントです。

肉食Iちゃんに喜んでいただくべく
ポートランド中の肉をリサーチし
ここぞ!!というお店を見つけました。

Ninesというホテルの上階にある
Urban Farmerというレストランです。

0218-8.jpg

吹き抜けになっていて
とても雰囲気のいいレストランです。

0218-9.jpg


ここのお肉はただのお肉ではなく、
同じ部位のお肉でも
牛が食べた餌によって
カテゴライズされています。

お肉の前に
ワインに合わせて前菜をオーダーしました。

生牡蠣と
0218-11.jpg

シーザーサラダ
0218-12.jpg

サービスのパンとコーンブレッドも
かなりのレベルです。
0218-10.jpg


Iちゃんはジューシーなお肉を求め、
「脂身」を辞書で調べ
イケメン店員のアドバイスをもらった上での
リブアイを注文です。
0218-13.jpg
コーンフェッド(トウモロコシが餌だった牛)の
肋骨辺りのお肉です。


K君はニューヨークスタイルの
グレインフェッド(穀物が餌だった牛)の
お肉を注文です。
0218-14.jpg
これぞアメリカの肉!!でした。

穀物担当の夫はもちろん
グレインフェッド(穀物が餌だった牛)の
テンダーロイン(脂身少な目)のお肉です。
0218-15.jpg

そして私はというと
皆と違うお肉を、
ということでアメリカン和牛を頼んでみました。
0218-16.jpg
なんでしょうこの写り具合。
エロ気味悪いとでも言いましょうか…

皆で少しずつ味見をしながら
美味しく完食です。

Iちゃんにも大満足いただいた後は
ライブホールで90年代ディスコミュージックです。

会場に入るなり
スパイスガールとブリちゃんの
ヒットナンバーでお出迎えです。
0218-17.jpg

0218-18.jpg

4人でお酒を頼みノリノリナイトでした。
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment4Trackback0

ポートランドのグルメを満喫

2月17日(金)は朝からどんよりとしたお天気でした。

春を感じる生暖かい風だと思ったのですが
二人にはまだ寒かったようです。

体感温度がジワジワと
上がってきている気がしてなりません。

来年の今頃は半袖短パン説も
現実味を帯びてきました。


この日は定刻通り出社した夫を見送れず
3人で少し遅めの起床でした。

ノブヒル散策の予定だったので
その近くでブランチをすることにしました。

Ken's Artisanというベーカリーに行きました。
ここのパン屋さんはバゲットなどを
地元のスーパーやレストランにも卸している
ここいらでは有名なパン屋さんです。

R0013271.jpg

サンドウィッチやピザなど食事パンもあれば
ペストリーなど甘いおやつパンもあります。
R0013266.jpg

ブランチで入ったので3人とも食事パンをオーダーしました。

グレーのお帽子を被ったIちゃん。
R0013264.jpg
こんなに華奢なのに実は超肉食女子です。

全くの余談ですが
↓これは一緒にタイに行った時のIちゃんの写真です。
ikuethy.jpg
切なくオカリナを吹いているように見えますが
実は骨付きチキンを奏でています。

いつもフルパワーで私達を喜ばせてくれる
Iちゃんの原動力は肉にありです!!


で、もちろんブランチにオーダーしたのは
Iちゃん→ローストビーフサンド
K君→チキンバゲット
私→クロックムッシュ
R0013269.jpg

これも3人仲良く分け分けし
美味しくいただきました。

とりわけIちゃんが頼んだ
ローストビーフサンドに挟んであった
オニオンソースが絶品でした。

完璧にキャラメリーゼしてあるオニオンは
甘みもありつつコクもあり
香川照之なみの名脇役でした。

一緒に頼んだラテには、当たり前のように
ラテアートがほどこされています。
R0013268.jpg
本当に心を豊かにしてくれる街です。


パパッとブランチを済ませる予定が
ついついおしゃべりに花が咲き、
東京にいる時と変わらず
うっかり長居してしまいました。

東京にいる時から
我が家の姉に良い人がいればご紹介を、
という話をしているので
そんな話で盛り上がりつつ
お互いの色んな話をしました。


お店を出てた後はノブヒル散策です。

キッチン雑貨のお店が多いエリアなので
K君は少しつまらないかなーと思いきや、
珍しいキッチン用品を見つけては
使い方を確認していました。

そして自分用にアボカドカッターを購入していました。
chef'n アボカドカッター CF-0282chef'n アボカドカッター CF-0282
()
chef'n (シェフィン)

商品詳細を見る


アボカドがとても切りにくい
ということを知っているのは
かなりのシェフメンです。

実際、東京のお家にお邪魔した時は
K君がおつまみや前菜を作ってくれて
美味しくいただいたのを覚えています。

もちろんメインディッシュは
Iちゃんの豪華美味な肉料理でした。


ゆっくりのんびりノブヒル散策を楽しんだ後は
夜へのお楽しみと続きます。

我が家の近所にあるDeschutes Brewery
というビール醸造所で
会社帰りの夫と待ち合わせです。

予約ができないレストランなので
お店に行って並びます。

さすがに金曜日の夜ともなると
ビール好きのポートランドっ子たちが
列をなして並んでいます。

このブルワリーの良い所は
レストラン横にあるバーでビールを注文して
飲みながら待てるということです。

待ち時間20分ほどと言われましたが
もちろん飲みながら待ちます。


夫と合流した頃には
席に案内してもらえました。

腹ペコの私達がオーダーしたのは
オニオンスープとバッファローウィング。
R0013293.jpg
やはりこのオニオンも
完璧なキャラメリーゼです。
バッファローウィングの甘辛さは
ビールにぴったりです。

サーモンのなんとか。
R0013292.jpg
誰も頼んだ覚えがなかったのですが
美味しくいただきました。


ポートランドに来て初めて食べた物の1つが
コレ↓スウィートポテトフライです。
R0013291.jpg

ざっくり言うと
「さつまいもフライドポテト」なのですが
日本のさつまいも程甘くなく、
ササっと振ってある塩がアクセントになり
芋好きにたまらん一品です。

芋→ビール→ビール→芋
の黄金スパイラルです。

ブルワリーの後は
近くのミュージックホールで
80年代ディスコミュージックを楽しむ予定でしたが
翌日に90年代ディスコミュージックを
やっていることが分かり、
予定変更で翌日に行くことにしました。

この日の夜は、
ボーイズナイト・ガールズナイトを
それぞれ楽しみました☆
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment3Trackback0

Birthday Boyへのサプライズ②

前回のNBAは頂いたチケットで観戦したので
今回初めて自分で試合のチケットを手配しました。

インターネットで購入し
プリントアウトした予約表を窓口で見せて
チケットと交換してもらうのですが、
ここはアメリカ、チケットを手にするまで
気を抜くことはできません。

と言いつつ、会場に着いてからは
英語がペラペラなお二人に
すっかりお任せしてしまいました。
NBA0.jpg

何の問題もなくチケットをゲットし
会場入りします。

今回も前の方の席で観戦することができました。
NBA1.jpg

この日のカードは
ブレイザーズ(ポートランド)vsクリッパーズ(ロス)です。

NBAの正しい観戦の仕方は
食べながら飲みながら応援!!
ではなく、
食べ終わって飲み終わって
応援に集中!!
らしいので、私達もさっそく
絵に描いたようなジャンクフードと
ビールをゲットしてイートしました。
NBA11.jpg

そうこうしているうちに
選手たちが入場してきます。
NBA2.jpg

ポートランド・ブレイザーズも
なかなか強いチームのようですが、
ロサンゼルス・クリッパーズはかなりの強豪らしく
ファンの応援も本気モードでした。


アメリカではどのスポーツでも試合前に
国歌が流れますが、
この日は2月18日~25日まで開催されている
ポートランド・ジャズ・フェスティバルに出演する
トランペッターによる国歌の演奏でした。
NBA3.jpg


そしていよいよ試合開始です。
NBA5.jpg

前回、夫と二人で観戦した時は
「デカイねー」
「スゴイねー」
の楽しみ方しかできませんでしたが、
今回は中・高・大とバスケ部で
腕を鳴らしたK君による
興奮の生解説付きです。

K君によると、
バスケ選手が最も怪我をしやすい部位は
「足首」に次いで「膝」らしいです。

特に必要のないことしか覚えていないのが
非常に残念です。


バスケットの試合は、
10分を1ピリオドとして
第1~第4ピリオドまであり、
それぞれのピリオドの合間には
「インターバル」と呼ばれる
小休憩があります。

また試合途中に監督やコーチが
意図的に試合を止める
「タイムアウト」と言う
一時停止時間があります。

「インターバル」や「タイムアウト」を
いかに利用するかが、
試合中と同じくらい
大事な要素だそうです。

IMG_1436.jpg

IMG_1364.jpg


とは言っても観客にとっては
ただの待ち時間だったりするので、
ファンのモチベーションも下がらないようにと
趣向を凝らしたエンターテイメントが
用意されています。


チアによる余興もその1つです。
NBA4.jpg
もう私なんかは
試合よりも集中して、
猟銃を構えた狩人のように
望遠レンズを構え
シャッターチャンスをうかがっていました。

LISAさんはこの日も大活躍でした。

その他にも、頭部を使ったイケイケダンスや
NBA13.jpg

The Bello Brothersによるクネクネダンスもあります。
NBA12.jpg



コートの上には大画面が設置されていて
遠く離れた席からも
試合の迫力を感じられます。

NBA8.jpg


それでもってこの大画面は
試合が中断されている間も大活躍します。

日本のプロ野球でもよくありますが
試合の途中に時々観客席が映し出されます。

なんとか画面に映りこもうと
ちびっ子達は必死のアピールをします。

NBA9.jpg
私の隣に座っていた少年は
試合が止まる度に激しく踊っていました。
そして、自分の姿が画面に映し出されると
もう大はしゃぎです。
(↑画面左で怪しくカメラを構えているのが
 ワ・タ・シ☆です)

やったね!!と最高の笑顔でパチリ。
NBA10.jpg
隣のお父さんにメールアドレスを聞き
後日この写真を添付して送ってあげました。

この子が持つプレートにあるように、
ポートランドはまたの名を
「rip city」の愛称で
呼ばれることがあるそうですが
なぜrip cityなのかはただ今調査中です。


この大画面はNBAの裏メインイベントにも
一役買ってくれました。

誕生日ボーイのK君に
一生の思い出に残る日をと思い
事前にIちゃんと夫と私で
色々と考えました。

バスケボーイのK君でもあるので
NBAと絡めたサプライズがいい
ということになり、
夫がブレイザーズのフロントに
問い合わせたところ、
第2ピリオドの3回目のタイムアウトの時に
大画面に誕生日のメッセージを
流すことができるとの事だったので
早速申し込みをしました。

そしてついにその時がやってきました。

本人に気づかれないようにする心の余裕はなく
大画面に向けて望遠レンズを構えたまま、
画面が変わる度にビクビクしていました。

息を詰めて待っていると…
キター!!
NBA17.jpg

画面にメッセージが写る時間は
ものの3~4秒でしたが、
しっかりとシャッターを切り
思い出の1枚を残すことができました。

当の本人はと言うと
まさかー。
まさかー??
まさかー?!
まさか!!

とびっくりしたそうです。

ランチに続いてサプライズ大成功です!!

試合はと言うと
始めは押せ押のブレイザーズでしたが
IMG_1361.jpg

それこそ第3ピリオドの
インターバルを過ぎた頃から
歯車が狂い始め、
追いつかれたかと思うと
あっという間に逆転され、
最後の最後まで粘るも
追いつけず負けとなってしまいました。
IMG_1350.jpg


素人から見ると惜敗でしたが
K君いわくは、
大きな実力の差があったそうです。

決められるときにキチンと決める
それが強いチームだそうです。


試合は負けてしまったものの
白熱の試合に大満足し
3人で歩いて帰りました。

11時前に家に戻りゆっくりとしていると
ニューヨーク→カンザス出張から
夫が帰ってきました。

そのタイミングでK夫妻による
「お土産お披露目会」となりました。

正式行事なので正座です。
R0013253.jpg

夫がお願いしていた育毛剤です。
効果の程はいかに!?
R0013256.jpg

Iちゃんの一口コメントと共に
手際よく並べられるお土産達の中に
アノ子が!!
お土産2

思わず二人に三つ指ついて
お礼申し上げました。

かくかくしかじか事情を話すと
むしろ驚いていて
意図せずだったようです。

お土産を囲んで
4人の久々の再会を懐かしみ、
夜更け過ぎても
おしゃべりが途切れることはありませんでした。
お土産3
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment5Trackback0

Birthday Boyへのサプライズ①

友人夫婦との楽しい思い出を
オンタイムにご報告しようと思っていたのですが、
ついつい楽しい方に流れてしまうのが
人の常というものでして…

まとめてきっちりとアップいたします。

今回の滞在期間は5日間という限られた時間だったので
分刻みのスケジュールを練りました。
スケジュール

と言いつつ実際は風の吹くまま気の向くまま
その時その瞬間を楽しむのが
私達流でした。


K夫妻は2月15日(水)の深夜に
ポートランドに到着したので
16日(木)は遅めのスタートで、
11:30からHigginsというレストランで
ランチをしました。

(ニューヨーク→カンザスに出張中だった夫は
 残念ながらの不参加です)


ここのレストランは
ローカルの新鮮な食材しか使わないことで有名で、
シェフ自らファーマーズマーケットに買出しに行くほどだそうです。

K君が頼んだヒギンズバーガー。
ヒギンズ1

チーズが良い仕事してます。
ヒギンズ4

Iちゃんはポトフをオーダー。
ヒギンズ2
野菜出汁が凝縮されたスープは
あっさりしながらもコクがあります。
豚肉ちゃん達は、言うまでもなく絶品です。


私が頼んだのはカキフライの
ポレンタ添えです。
ヒギンズ3
ポレンタって何ぞね!?でしたが
調べたところによると、
イタリアでは馴染みのある
「とうもろこし粥」だそうです。

生まれて初めて食べたポレンタでしたが
これが予想以上に美味しかったです。

ポレンタの中には小さく刻んだパプリカや
スパイスが入っていて、
イタリアンドレッシングのような感覚で
カキにそっと乗せていただきました。


皆で少しずつ味見をしながら
K夫妻ポートランドでの初食事を楽しみました。

学生時代にアメリカに留学していたお二人ですが
彼らが知っているアメリカの食文化ではない、
と言ってもらい
そしてグルメなお二人に
「美味しい認定」をいただき
ガイドカナコのテンションもマックスです。


3人ともお腹いっぱいになり
そろそろお会計を・・・という前に
この日誕生日を迎えたK君にサプライズです。

Iちゃんと2人で事前に打合せをし
お店にサプライズケーキを用意してもらいました。
ヒギンズ5


通常誕生日ケーキは用意していないらしいので
お店へのイレギュラーなお願いだったのに併せて、
同じ日に別の日本人のグループが
同じように誕生日ケーキのお願いをしていたようで、
お店側が若干の混乱をしていましたが
無事サプライズ成功です!!

チョコまでこそいでデザートを完食し
満腹のお腹を抱えて
ダウンタウンでのショッピングスタートです。

日ごろボランティアで
街のパトロールをしている甲斐もあり
(勝手に街をウロウロしているだけですが)、
行きたいところに
スイスイと行けるようになりました。

午後たっぷりと買い物を楽しんだ後は
7:30~NBA観戦です。

その前にMcMenaminsというパブで
ビールを一杯ひっかけました。
ビール屋2
ビール醸造所が併設されている
店舗もあるようですが、
私達が行ったのは
禁酒時代のアメリカの酒場を彷彿とさせる
地下にひっそりとたたずむお店でした。

心なしか会話もひそひそ声になります。
ビール屋


喉ごしらえをして、いざNBA会場に!!
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment5Trackback0

Guide Kanakoの三種の神器

昨晩から夫の同僚の夫婦が遊びに来てくれています。

と、ちょっと他人行儀な言い方をしましたが
お互い結婚する前からの付き合いで、
同僚のK君がタイ駐在している時は
彼女のIちゃんと夫と3人でタイに遊びに行ったこともあり、
家族ぐるみのお付き合いです。

お忙しいお二人が、
貴重なお休みでポートランドに来てくれるのは
ありがたいことこの上ありません。


ゲストルームも少しずつ進化しています。
ゲストルーム
アメリカっぽくバルーンを飾ってみました。


ありがたいことに
月1度のペースで友人達が遊びに来てくれるので
私のガイドも少しずつ板についてきたと思います。

それぞれの趣味や興味を鑑みて
計画を練るのがとても楽しいです。


今回も今までとは少し違ったプランなので
楽しみにブログのアップをお待ちください。
頑張ります。


今日はガイドカナコの三種の神器をご紹介します。

何の変哲もない
ショルダーバッグに靴にエコバッグですが、
全て優れものさん達です。
三種

そして全てポートランドで購入した、
ローカル神器です。

エコバッグはかなりの容量です。
エコバッグ

オレゴンは自転車に優しい街だけあって
自転車モチーフのアイテムをよく見かけます。

プレートナンバーにも自転車です。
自転車

革の茶色具合と
金具の色が気に入って購入したショルダーバッグですが
バッグ
エコバッグはもちろん、
地球の歩き方も地図もすっぽり入る大きさで
公式ガイドバッグに認定いたしました。


靴はパタゴニアのセールで
定価の半額80ドルで購入しました。

中がフワフワなので暖かいのは言うまでもなく、
実はこう見えて防水加工がほどこされています。

冬の間は雨の多いポートランドでは
防水の靴は必需品です。


3種の神器君たちにご活躍いただき、
今回もたっぷり楽しんで
素敵な思い出を沢山作ってもらえればと思います。

ホーム | Category:未分類コメント:アイコン Comment3Trackback0

宴~UTAGE~

先週土曜日は、
以前ズンバにお誘いいただいた
夫の会社の同僚の方(Wさん)のお家で
ホームパーティでした。

(ズンバの写真いただきました)
zumba.jpg
「黄〇」が私の華麗なダンス姿です。

と言いたいところですが、
なんだかホイホイしている感じがします。
こんなはずではなかったのですが・・・


人数が多いかもしれない、と言うことだったので
少しおつまみになりそうなものを持って行こうと思い
かっぱ巻き・梅巻き・サーモンチーズ巻き・エビアボカド巻きに
寿司1

サーモンアボカド巻き・梅かっぱ巻き・ソバ巻きを作りました。
寿司2

ソバ巻きはこちらに来て、夫に「お酒のあてに何か。。」
と言われてフと思いついて作りました。
これがなかなか美味しかったので
今回も持っていくことにしました。

ワサビをちょこっとつけ
めんつゆでいただくと立派なおつまみになります。


唐揚げも揚げて持って行きました。
から揚げ1
味見と称して揚げたてをつまみ出すと
止まらなくなりました。
身がプリプリとしていて美味しいです。
「やっぱり鶏派!!」宣言いたします。


Wさんのプライベートなお仲間のホームパティーに
夫と二人お招きいただき、
初めてお会いする方ばかりでした。

皆さんこちらの書道教室でお知り合いになられたそうです。

計8名でお料理をかこみ
シャンパン→ワイン→ワイン→ワイン
と、ゆっくり楽しく夜が更けていきました。
0211-4.jpg

懐メロの弾き語りもありました。
0211-3.jpg


「日本人」という共通点を
こんなにも強く感じたことは
なかったような気がします。

外国に住んだからこそ得られた貴重な経験と
素敵なご縁に感謝です。
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment5Trackback0

スーパーボウル

やや鮮度の落ちたネタになりますが
先週日曜日2月5日に行われた
アメフト決勝戦のお話です。

2月3日(金)の夜に一緒に飲んだ
夫の同僚と彼女が言うには、
「アメリカの一大イベント『SUPER BOWL』は
 絶対にスポーツバーで観戦した方がいいよ!!」
ということで、
ごくごく近所のスポーツバーにて観戦することにしました。

スーパーボウルとはアメリカのNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)
というアメフトのプロリーグの頂上決戦です。

泣いても笑っても
この1試合で全米NO.1のチームが決まるというわけです。

日本にいる時はもちろん
アメフトにはほぼ興味がなかったわけですが、
なんだかソワソワしている街の空気につられ
私達も勇み足でスポーツバーに出かけました。


我が家から目と鼻の先にある
スポーツバーです。
屋上がテラスになっています。
0205-13.jpg
写真左にある白い建物を挟んで
反対側が私達のアパートメントです。

この日も晴天で、試合の始まる3時は
まだまだ明るくポカポカ陽気だったのですが、
日が沈むと寒くなると見越して
店内の席に着くことにしました。
0205-14.jpg
スポーツバーだけあって
店内のいたるところに
テレビ画面が設置されています。

少し早めに到着したにも関わらず
すでに満員で、席があるかどうか微妙な状況でした。

「あそこの席でも良かったら…」
と案内してもらった端っこの席を
無事確保することができました。

手前に写るスキンヘッドの(実は)おばちゃん
と意外な関係が明らかになるとは露知らず、
なかなかの好位置をキープすることができました。
0205-20.jpg


この日初めて知りましたが
決勝戦のカードは、
「ニューヨーク・ジャイアンツ VS ニューイングランド・ペイトリオッツ」です。

どちらも東部のチーム同士だそうですが
西部のオレゴンでも大盛り上がりです。

私達の後からも次々と人がやってきました。
0205-15.jpg

無事席を確保できたところで、
とりあえずビールで乾杯です。
0205-16.jpg

地元オレゴンのビールメーカーWidmer(ウィドマー)の
Hefeweizenを頼みました。
「Hefeweizen」はおそらくドイツ語なのでしょうが
日本だと「ハーフワイゼン」
とか言うのが一般的だと思いますが
こちらでは「ヘーフヴァイツェン」と言って頼むようです。

5回に3回は「Huh?!]と聞かれるので
知恵をしぼり、一番言いやすく且つ
伝わりやすい発音を発見しました。
「ハフファイゼン」です。
(まだまだ言いにくいので改良の余地ありです)

邪道ですが、頼めればオールオッケーです。

味は、日本のビールYONAYONA ALE(ヨナヨナエール)に似ていますが、
レモンを絞って飲むのがオレゴン流です。

ヨナヨナのホームページのトップページの絵が
ポートランドの街並みにそっくりでびっくりしました。

ヨナヨナのトップページ
yonayona.jpg

ポートランドのウィラメットリバー沿い
Portland-Aerial.jpg

ヨナヨナの創業者はアメリカで飲んだエールビールに衝撃を受け
ビール作りを始めたそうです。

そのビールがオレゴンのビールかどうかは
全くの未確認ですが、
そんなことを思い巡らせながら飲むと
また違った味わい方ができます。

おつまみに頼んだのは
バッファローウィングとフィッシュ&チップです。
0205-19.jpg

バッファローウィングはアメフト観戦に
欠かしてはいけない一品だそうです。
ピリカラソースです。


話はアメフトからドンドン遠ざかってゆきますが
こちらのレモンは皮がとても薄いです。
0205-24.jpg

【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】によると…
-----------------------------------------------------------
経済学において、レモン市場 (lemon market) とは、
財やサービスの品質が買い手にとって未知であるために、
不良品ばかりが出回ってしまう市場のことである。

レモンとは、アメリカの俗語で質の悪い中古車を意味しており、
中古車のように実際に購入してみなければ、
真の品質を知ることができない財が取引されている市場を、
レモン市場と呼ぶ。
(レモンには、英語で「良くない」「うまくいかない」
等の意味があることから、転じて「欠陥品」「品行が悪い(女性)」事を指すようになった)。

-----------------------------------------------------------
うちの嫁レモンだったワ、
なんて言われないように
気を引き締めていきたいと思います。


さて本題のアメフトです。
両チームが入場し
0205-22.jpg
国歌斉唱です。

NFLは、選手の慰問などによる米軍支援を行っているようで
アフガニスタンからの中継も映し出されました。
0205-21.jpg


そしてついに試合開始です!!
0205-17.jpg

青のヘルメットがニューヨーク・ジャイアンツで
0205-25.jpg

シルバーのヘルメットがニューイングランド・ペイトリオッツです。
0205-26.jpg

残念ながら試合が終わるまでに
どっちがどっちかを覚えることができませんでした。


ルールが分からなくても
盛り上がっている空気を楽しむことはできます。

試合が始まると、みんなテレビに釘付けです。
0205-2.jpg

テラスで鑑賞している人もいます。
0205-12.jpg

私的には試合の行方より、
この人達が頼んでいた
ミニハンバガー盛りが一番気になりました。
0205-3.jpg


ハーフタイムショーもNFLの見所の1つです。
0205-6.jpg

小林幸子かと思いきや、マドンナでした。
0205-5.jpg

53歳でこの動きができるのは
マドンナかシルクさんくらいでしょう。
0205-7.jpg

ショーの最後はアメリカらしく
世界平和を願って終わりました。
0205-4.jpg

後半も引き続きスポーツバーで観戦していましたが、
2月3日に食べ損ねた恵方巻きが急に食べたくなり
続きは家で観戦することにしました。
やはり日本人にはバッファローウィングより
ササニシキです。

お会計をして席を立とうとすると
冒頭に登場した
スキンヘッドのおばちゃんが近づいてきて
「日本から来たの?!」
と声をかけてきました。
「そうだよ。今はポートランドに住んでるよ。」
なんて答えると
「私3ヶ月ほど東京にいたことがあるのよ」
という話になり、
仲良くパチリと記念写真を撮りました。


今年はオリンピックもあるから
またこのスポーツバーで会おう
と約束して家に帰りました。

後半戦の続きは
NFL with Maki-zushiで楽しみました。
0205-30.jpg

試合の結果は
終了直前の逆転により、
ニューヨーク・ジャイアンツの劇的な勝利だったようです。
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment2Trackback0

S・A・T・U・R・D・A・Y N・I・G・H・T☆

ちょっとした渋滞に巻き込まれたため
オレゴンコーストから帰ると
6:00PMになっていました。

朝から楽しみにしていた“夜の予定”というのが
「NBA観戦」です。

去年のクリスマスに
夫と一緒に参加した穀物(?!)業界の
クリスマスパーティーに来ていたおじちゃんに
「ポートランドで何がしたい?!」
と聞かれたので
「ポートランドマラソンに出たいんだよね」
なんて話をしたら
「スポーツに興味があるの?!
 だったらバスケットのチケットをあげるよ!」

なんて話になり、
後日本当に夫の会社にチケットを送ってきてくれました。

おじちゃんお勧めのカードを送ってくれたようで
トレイル・ブレイザーズ(ポートランド)vsデンバー・ナゲッツ(コロラド)
でした。

NBAは昨年ストライキをしていて
今年に入り再開された
というのはニュースで聞いて知っていました。

が、調べたところによると
ストライキではなく「ロックアウト」をしていたらしいです。

ストライキは選手が年俸上げろと言って
試合をボイコットすることですが、
ロックアウトはその逆で
オーナーがそんなに給料はあげられない
と言って試合を中止にすることらしいです。

日本にいるとNBAはどこ吹く風ですが
アメリカに来て、違う世界を知る機会が多くなり
自分でも色々と調べるようになりました。
とても良い経験です。


バスケットの試合会場は
我が家から歩いて20分ほどのところにあります。
バスケ1

バラの街ポートランドらしく
会場の名前は「ローズガーデン」です。

会場に入る前に荷物検査があり
飲食物は全て捨てろと言われました。

テロ警戒にかこつけて
中で売っているモノを買え、
ということなのでは?!と思ったりしました。

会場内は日本の野球場と同じように
ビールからおつまみから何でも売っています。

スタンドの売り子さんが売っているのは
バスケ5
ポップコーンと綿菓子です。

この綿菓子を50代のおじさんが食べていたりするのです。
日本で言う「よっちゃんイカ」
的な存在なのでしょうか。

試合の前に選手がアップしていたり
監督がインタビューを受けていたり
いよいよという感じでワクワクします。
バスケ2

バスケ3

ちなみにかなり良い席を取ってくれたようで
前から12番目くらいでした。


そしてついに試合開始!!
のっけからダンクシュートありで迫力満点です!!
バスケ12


彼の腕には「勉 族」というTATOOが入っている気がします。
いいのか?!?!
バスケ11


いとも簡単にフリースローを決める12番の彼。
バスケ9

お名前存じ上げませんでしたが
ラマーカス・オルドリッジ君というそうです。
バスケ10
御年26歳、身長211センチ。
年俸が$12,875,000。
?????
普段のお買い物では見ない桁です。
それもそのはず、
日本円で9億9千万円ほどです。

ダルビッシュの年俸が6億5千万ほどですので、
なんだそんな変わんないじゃんと思いがちですが
いやいや3億は違います。

あのボールをあのネットに入れることが
そんなにスゴイことだとは
知りませんでした。

白熱の試合はまだまだ続きます。
バスケ8

バスケ7

バスケ18


前半が終わるとお待ちかね
チアによる余興です。
いつもは辛口のチア評論家(私です)も
元気あふれる彼女達のダンスに
思わず一眼レフを望遠レンズに変えてしまうのでした。
バスケ25
ちなみにチア研究家(私です)のリサーチによると
写真中央奥の黒髪の彼女は
LISAという日本人の子のようです。

無事キマリました!!
バスケ26

と思っていると今度は別の出し物が。
バスケ27

こりゃスゴイ!!
バスケ28
神宮では見たことのない開脚です。

ハーフタイムも試合以上の盛り上がりを見せ
後半戦がスタートしました。

バスケ34

地元の声援を背に
後半もイケイケ押せ押せの
トレイル・ブレイザーズです。

バスケ29

バスケ19

バスケ31

バスケ30

23番マーカス・キャンビーさんは37歳ですが
現役で頑張っています。
バスケ20
年俸は8億6千万ほどです。
下世話な話です。

デンバー・ナゲッツが追い上げるも・・・
バスケ23

バスケ33

97対117でブレイザーズの勝利です!!

私的にこの試合で一番活躍していたと思ったのが
ニコラス・バトゥーム君23歳です。
バスケ32
気になるお年俸は1億6千万円ほどしでした。


この日の学びは
何でも一流は素晴らしいな、という事と
一眼レフの望遠レンズはすごいな
という事でした。
バスケ21
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment5Trackback0

オレゴンコースト

土曜日も朝から快晴でした。


夜にはお楽しみの予定があったので
日帰りできるドライブをということで
オレゴンコースト(海岸)に行くことにしました。


“ポートランド”は確かに港街で
川沿いには穀物集積場がありますが、
海には面していないので
太平洋を見るには
1時間半ほど車を走らせる必要があります。

ポートランドからおそらく一番近い海岸
「ティラムック」という所に行きました。

0204-5.jpg

0204-1.jpg

「この道を50マイル(80キロ)」
というナビに驚きながら、
車内では90年代ソングを流し
二人で大合唱しました。

0204-2.jpg

0204-3.jpg

この川沿いでは、
カヌーや釣りを楽しんでいる人達が
たくさんいました。

途中、オレゴン名物(?!)クリスマスツリー畑もありました。
0204-4.jpg

ティラムックは酪農の町だそうで
牛ちゃんたちがたくさんいました。
0204-6.jpg

ティラムックには有名なチーズ工場があるそうですが
今回は時間の関係でパスしました。

車をどんどん走らせること1時間半で
0204-9.jpg
ついに海が見えてきました。

本当に天気がよく
水面がキラキラ光って見えます。
0204-10.jpg
目指すは、この写真の右側に突き出してみえる岬(ケープルックアウト)です。

ケープルックアウトは州立公園に指定されているそうで、
トレッキングコースもあります。
今回の目的はこのトレッキングコースでしたが
12~6月の間は運がよければコクジラが見られるようです。



海岸沿いには砂丘が広がっていて
JEEPを走らせて遊んでいる人達もいました。
0204-15.jpg


海沿いに車を止めて小休憩です。
0204-11.jpg
ここから歩いて岬(写真中央の出っ張り)
にも行けるようでしたが
かなり時間がかかりそうだったので
今回はあちらまでは車で向かうことにしました。


海辺で遊ぶちびっ子達もいて
ここは夏の穴場スポットだなと思いました。
0204-13.jpg

私の行き着けのスーパー“WHOLE FOODS”の
バナナブレッドで腹ごしらえです。
0204-12.jpg
優しい甘さで、朝ごはんや
おやつにぴったりです。


ケープルックアウトのトレッキングコースは
片道1時間~1時間半ほどかかるようだったので
腹ごしらえも早々に、岬に向かいました。

大海原目指してトレッキングスタートです。
0204-16.jpg

細くて高い木が生い茂っていて
根元からポッキリと折れている木もありました。

0204-17.jpg

最初は平坦な道が続き
余裕×2なんて思っていましたが、
しばらく歩くと木や根が張り出している泥道となり
足元もかなり悪くなってきました。

念のためトレッキングシューズを履いてきていたので
助かりました。


週末は二人でランニングすることが多いのですが
こういう体の動かし方もいいね、
なんてゼーゼーハーハー言いながら歩きました。

途中チラチラと見える景色は
何よりのエネルギー源です。
0204-19.jpg

0204-18.jpg


何色とも言えない海の色が
地球も生きていることを思い出させてくれます。
0204-20.jpg


かなり飛ばしぎみに歩き
1時間弱でゴールに到着です。

そこにあったのは
空と海と太陽だけでした。
0204-23.jpg

「LIVE SIMPLY」
今年の私にぴったりな場所です。


崖のギリギリで時間を過ごす人や
0204-22.jpg

体中で地球を感じている人など
0204-24.jpg

思い思いの楽しみ方をしていました。

私達もしばらくボーっとしていましたが、
夜のお楽しみのために
帰路につくことにしました。
0204-21.jpg


ポートランドに来て
すっかり見慣れてしまった田園風景ですが、
いつ見ても空が広いなーと思います。
0204-27.jpg

よく見ると何千羽のスズメ(?!)が写っています。
0204-28.jpg



沈む夕日を背に
復路も90年代ソングを大熱唱で帰りました。
0204-29.jpg
ホーム | Category:イベントコメント:アイコン Comment2Trackback0

花金☆

できるだけ毎日ブログを書きたいし
せっかくなら綺麗な写真を載せたい
と欲張ると、更新が滞りがちになります。

結局、週末にまとめて2~3日分
なんてことになることもありますが
気長にお付き合いいただければと思います。

急に3日分アップしていたりするので
良かったら前後もチェックしてみてくださいm(._.)m


さっそく滞っていた2月3日(金)のお話です。

この日も朝から晴天です。
西向きの部屋なので朝日が部屋に注ぎ込むことは
諦めていましたが、
ラッキーなことに、向かいのビルに太陽が反射して
我が家にも朝日のおすそ分けがあります。

0203-1.jpg

誰に聞いても、
この時期にこんなに晴れて暖かくなることは
珍しいらしいです。

そう聞くと居ても立ってもいられなくなり
とりあえず外に飛び出したくなります。


街のパトロールをするために
ダウンタウンに向かうことにしました。
0203-2.jpg

頑張れば半袖OKな気候です。


街に沿って流れているウィラメットリバーです。
0203-3.jpg

向こうの方にボンヤリと見えるのが
Mt.Hoodです。

東京から見える富士山のような存在で
この山が見えるとテンションがあがります。

ランニングをする人や
自転車を走らせる人や
犬の散歩をする人や
のんびりとした時間が流れています。
0203-4.jpg

0203-5.jpg

0203-6.jpg

0203-8.jpg

ポートランドの街には本当にたくさんのワンコがいます。
スーパーや電車はもちろん
空港の中にもワンコがいた時は驚きました。

ケージに入る小型犬であれば
一緒に連れて乗っていいそうです。


ダウンタウンから川の向こう側にかかる橋は
全部で5つあります。

その中の1つ、「ザ・ホーソン・ブリッジ」です。
0203-7.jpg

船が通る際は橋の中央が持ち上がるのですが
昇開橋としてはアメリカで最も古いらしいです。

夕方になると
自転車で橋の向こう側に帰っていく人達が
たくさんいます。

私も日本から自転車を持って来たので
一度スーパーまでの道を自転車に乗ってみましが、
フと自転車の交通ルールはどうなってるんだろう
と思い不安になって慌てて引き返しました。

調べたところによると
自転車は基本的に車両として扱われます。
なので、自転車レーンがない道は
車道を走らなければならず
ヘルメットの着用も義務付けられています。

(確か運転免許の勉強をした時
 自転車とバイクと馬は同じ扱いとあった気がします。)

日本では自転車は歩行者よりの扱いですが
こちらでは車両として扱われるので、
自転車の危険運転により危ない目に合う
なんてことは一度もありません。

車も自転車も歩行者を最優先にするので
本当に暮らしやすい街です。

ちなみにポートランドは
「アメリカで最もサイクリングに適した街」
に選ばれたこともあるそうです。

電車に自転車を持ち込むことができ、
バスのフロント部分には
自転車を取り付ける器具がついているので
どこにでも自転車を持っていけます。

私もヘルメットを購入し、
夏には自転車デヴューをしたいと思います。


話は戻り、ここは川沿いで私が一番好きな場所です。
0203-9.jpg

0203-10.jpg

正面に見える建物はホテルです。
0203-11.jpg

その奥にはレストランやブティックやカフェが並びます。
0203-13.jpg

川沿いのカフェで一休みするのも乙な時間です。
0203-14.jpg

辞書をナメナメ
英字新聞の興味がある記事を読みました。
0203-15.jpg

今週の日曜日はアメリカの一大イベント
「スーパーボール」です。
アメフトの頂上決戦です。

試合当日の日曜日は
いつもの日曜日に比べ、
オツマミの出荷量がボンと増える
というようなことが書いてあったと思います。
人参は25%増のようです。


そんなこんなでゆっくりとした時間は流れていき、
家で節分の恵方巻きを食べようと
スーパーに買出しに行きました。
0203-17.jpg


買い物が終わり家に帰ったところで
夫から電話があり、
夫の同僚とその彼女が
ダウンタウンで食事をしているので
一緒にどうかというお誘いがあったと言うので、
恵方巻きはあっさりと翌日にすることにしました。


向かったお店はビール醸造所のレストランです。
家から15分もしない場所にあります。

何十種類のビールから
テイスティングをして選ぶことができます。
0203-20.jpg

夫の同僚と彼女には会社のクリスマスパーティで
会ったことがあったので、
今回で2回目です。

2人とも日本で英語の先生をしていたことがあったらしく
とても分かりやすい英語を話してくれました。


4人で色々な話をし、
いくつか約束もしました。

①我が家で焼き鳥パーティー
②彼らの家でバーベキュー
③ポートランドマラソンに4人でエントリー

そんな約束を交わし楽しい会がお開きとなりました。

二人ともとても心が優しく
本当に素敵な出会いができたなと思います。

こちらに来てお知り合いになった方達は
皆さん会うと、
「大丈夫?困ったことない?」
「何かあったらいつでも言ってね」
と心配してくださります。

自分が日本にいる時に
人に対してこんなにも親切にしていたかと問うと
恥ずかしい気持ちになります。

色々な経験や出会いから学ぶことが
たくさんあります。

人の気持ちに寄り添える人になりたいな
とポートランドに来て強く思うようになりました。
ホーム | Category:日常の事コメント:アイコン Comment5Trackback0

ヨーグルト日記

今日のポートランドは快晴でした。
0202-3.jpg


日中も暖かく、頑張れば半袖で過ごせる陽気でした。

と書いてハッとしましたが
少し暖かくなると、半袖で過ごせるかも
と思ってしまう自分がいます。

クリスマスにアロハを来ていたアメリカ人を見て
失笑したりしていたのに、
気が付けば「半袖で過ごせるか否か」が
気温のバロメーターになってしまっています。

来年の今頃は私も半袖短パンかもしれません。


よく、日本人は服装に対して
気温よりも季節感を重んじ、
外人は季節感よりも気温を重んじる
と言いますが、
まさにそうだなと思います。

紫外線が強いせいか
真冬でも日が出ると
日差しをきつく感じるからでしょうか。


とにかく今日は風もなく、
上着がいらないほどの陽気でした。
0202-2.jpg

0202-1.jpg



ポカポカ陽気のオレゴンから
今日はヨーグルトの話です。

アメリカはさすが乳製品の国とあって
ヨーグルトの品数が半端ではありません。

スーパーごとに取り揃えているメーカーが違い
その数も日本の比になりません。
ヨーグルト6

ちょっと画像が悪いですが
写真に写っている全てがヨーグルトの棚です。

日本でお馴染みのダノンヨーグルトなどもありますが
大半が日本ではほとんど見ないパッケージです。

イチゴ味にイチゴ&バナナ味です。
ヨーグルト1

ラズベリー味にアプリコット&マンゴ味です。
豆乳ヨーグルトというのもちょこちょこ見ます。
ヨーグルト2


日本では珍しい「味」もたくさんあります。

コーヒー味にメープル味です。
ヨーグルト4

メープル味に青リンゴタルト(?!)味です。
ヨーグルト3

オレオヨーグルトにM&Mヨーグルトに
チョコレートヨーグルトなんてのもあります。
(未体験です)
ヨーグルト5

クリームパイ味にエスプレッソ味です。
ヨーグルト7

ピンクグレープ味にレモン味にイチジク味です。
ヨーグルト8

このピンクグレープ味はスイスヨーグルトですが
ゆるめのヨーグルトに果肉がたっぷりと入っていて
一押しヨーグルトです。
お値段少し高めで$2ほどでした。

日本にもありそうでないのがレモン味ではないでしょうか。
イチジク味は底にイチジクジャムが入っています。


日本では見たことないですが
アメリカでは一般的な味なのが
「コーヒー味・メープル味・バニラ味」です。

聞くからに甘そうですが
意外や意外、さっぱりとしていて
かなり美味しいです。
(夫はあまり好きではないようですが)

私はコーヒー味をグラノーラにかけるのが好きです。

お気に入りのヨーグルトを見つける旅と同時に
グラノーラの旅もしていました。

十種類以上の量り売りグラノーラがスーパーにあり
端から順に試していきました。
グラノーラ

パンプキンなんとかグラノーラがお気に入りでしたが
一度オレゴンのローカルグラノーラ屋さんの
グラノーラパックを買ってからは、
これが私の公式グラノーラになりました。
グラノーラ1

Tracy'sというお店のものです。
454gで$10と少しお高めですが
値段を上回る価値があると思います。

ほのかにメープルで炒ってあり
さらにナッツとドライフルーツの割合が絶妙です。

ザクザクの歯ごたえもたまりません。

日本で家の近所にグラノーラ屋さんが
オープンしていたことを思い出し、
帰ったら絶対に覗いてみようと思いました。

お店の名前はGood Morning Tokyo
略して『GMT』だそうです。
オーナーはアメリカ人のようです。


アメリカのスーパー事情も書こうと思いましたが
少し長くなったので
次回にしようと思います。
ホーム | Category:日常の事コメント:アイコン Comment3Trackback0

モノ作り

先日遊びに来てくれた友人と一緒に行った
布地屋さんで購入した生地です。
0201-1.jpg


「夫がカエル大嫌いなんよね」
と、ほくそ笑みながら総蛙柄の生地を買う私を
ニンマリと見ていた友人でした。
どっちもどっちです。


夫はカエルが嫌い嫌いと言うわりには
街で見かけたカエルの置物やフィギュアには
引き込まれるように近付いていきます。


マザー・テレサが「愛の反対は無関心」と言っていた通り
「嫌い」という感情があるということは
まだまだ愛情があることだと思います。

とかなんとか言いながら
私もリアルカエルは苦手なのですが。。


こっちを見て無邪気に手を振っている
ファンシーなカエルちゃんなら
夫もきっと気に入ってくれるはず、と思い
NY出張中の夫のために
下着袋を作ることにしました。


ミシンがないので
全てチクチクと手縫いしました。
丸1.5日仕事でした。

インターネットで紹介されている型紙を参考に
見よう見まねで作り、
出来上がったのがこちらです。
0201-2.jpg


中はこんな感じです。
0201-3.jpg


蓋付きです。
0201-4.jpg

蓋を開けるとゴム付きです。
0201-5.jpg


3日分の下着と靴下も余裕で入ります。
0201-6.jpg

非常時は防災頭巾にもなります。
0201-7.jpg

次回から出張のお供に。
0201-8.jpg




「無事カエル」なんて想いも
こっそり込めてたりして。
0201-9.jpg
ホーム | Category:日常の事コメント:アイコン Comment11Trackback0
Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
251位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。