スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホーム | Comment | Trackback

ヤリタガリスト

今週から学校の冬タームが始まりました。

前回の秋タームはガチガチのお勉強コースで、
次から次へとやってくる課題とテストをなんとかやり繰りするのに
ハラハラしながら過ごす毎日でした。

例えるなら
綱渡りしながらジャグリングしている感じです。


気がついたら夜が明けている
なんてことも間々、いや多々ありましたが
とてもとても勉強になった3ヶ月でした。


今回の冬コースはアカデミックコースから離れ、
ポートランドカルチャーを学ぶというクラスをとりました。
とても興味がある分野なので
勉強しているという感覚がありません。

面白いことが学べるのではとワクワクしています。

授業が週3回に減ったので、
空いた時間で学校のジムに通っています。
生徒は全員無料で使える施設です。
ランニングマシーンやウェイトマシンはもちろん
プールもバスケットコートもあります。


そして最も私の興味を引いたのが




ロッククライミング&ボルタリング設備です。
この壁もどうやらサステイナブルな感じらしく

よく見ると廃材を利用したと思われる
ライオンの顔がくっ付いていたりします。


何でもヤリタガリストはジッとしていられず、
ロッククライミングに必要なことをすぐに確認しました。

ロッククライミングについてのビデオを見て、
それに関するクイズ4問に正解したら
誰でもすぐに始められるということだったので
後日仕切り直してチャレンジです。

トントン拍子にクリアし
あっという間にこの姿です☆


学校のジムでロッククライミング。
これもポートランドならではかもしれません。
スポンサーサイト
ホームコメント:アイコン Comment4Trackback0

板前Kanako

4月から通い始めた語学学校に
毎日楽しく通っています。

振り分けられたクラスによって
午前か午後かが決まっていて
私は午後からのクラスになりました。

午前中はカフェで勉強し、
13時から授業が始まり
1時間半の授業を3コマ受講し
17時50分に終了します。

これが月曜日~木曜日まであり
金曜日だけ2コマ授業で少し早く終わります。
文字通り英語漬けの毎日です。


毎週新しい生徒が入ったり卒業したりするので
クラスの構成がちょこちょこ変わるのですが、
現在のクラスは
韓国人11人
サウジアラビア人3人
コロンビア人1人
中国人1人
で、私を入れて全部で17名です。

半分以上が韓国人で驚きでしたが
彼女達に聞いたところ、
こんなに韓国人ばかりいると思わなかった
と私より驚いていました。

韓国で大手の留学斡旋の代理店に
紹介されて来た子が多いようで、
このような状況になっていると言っていました。


クラスメイトの韓国人達は
日本の文化が大好きと言ってくれ、
日本についての質問をたくさんしてくれます。

テレビでは日本の女子高生はお化粧をしてるけど
みんなそうなの?


と聞かれたことがあり、
東京の女子高生は化粧をしている子が多いけど
私を含め田舎の女子高生が化粧をしているかと言ったら
そういうわけでもないし、
と何が一般的なのか答えに困ってしまうこともあります。


でも本当にみんな素直で
授業以外も楽しく過ごしています。

授業は1週間をかけて
1つのテーマについて色々な角度から
勉強するというスタイルです。

最初の週は「食文化」がテーマでした。

子供が食事を残した時に親は何と言うか?
という質問に、サウジアラビアでは男の子に
ちゃんと食べないとヒゲが伸びないわよ
と言うそうです。

食事と文化は切っても切れない関係だと
改めて感じた面白い話でした。

ちなみに私たちの先生ナタリーは
お寿司が大好きで週に2回は食べるそうですが、
魚が嫌いと言っていました。
お寿司の定義って何だろう?
とこれまた考えさせられる出来事でした。


私が入った週の金曜日に
ブラジル人のマーシャルさんが
卒業することになっていたので、
お別れ会と母国の食文化の紹介もかねて
各々が自分の国の料理を持ち寄り
お別れ会をしようということになりました。


日本人として
いっちょ寿司を巻いてやろう!
ということで、板前Kanakoにトランスです。

寿司と言っても生魚は手に入らない上に
食当たりになっても大変なので、
ベジタブル寿司を作りました。
次郎さんが見たら怒りそうです。

できあがったのがこちら。
fc2blog_20120423090834043.jpg

スモークサーモンやアボカドや
カニカマなど色んなネタを詰め込みました。
カルフォルニアロールと蕎麦巻きにも挑戦しました。


自分が作った料理を皆の前でプレゼンします。

私は寿司の具材と巻き方を説明し
最後にお皿も日本から持ってきた、と言うと
ナタリーが「素敵!!」と言って
感動してくれました。


サウジアラビア出身のモハメドくん。
fc2blog_201204230820442ac.jpg
グレープフルーツの葉っぱでライスを包んで
蒸した料理だそうです。
ライスがスパイシーだったのは
熱帯性気候の地域ならではでしょうか。

こちらもサウジアラビア出身のモニークくん。
fc2blog_20120423082120000.jpg
サウジアラビアでポピュラーなフルーツだと言う
ナツメヤシの甘煮です。
初体験でしたがアンコのような
ザラザラとした食感で美味しかったです。

こちらがブラジル人のマーシャルさんです。
fc2blog_2012042308210559c.jpg
ブラジルの朝食に一般的なバゲットだそうです。


韓国人の女の子キュイちゃんはビビンパです。
fc2blog_2012042308213203f.jpg
宗教上の理由で豚肉が食べられない人のためにと
代わりにツナを使ったそうです。

こちらは韓国人のスティーブくん。
fc2blog_20120423082143fd0.jpg
このタッパーの中は10人前くらいの
辛ラーメンでした。
麺が伸びることを
あまり気にせずに持ってくるのが
何ともかわいらしいです。

こちらも韓国人のスラちゃん。
fc2blog_2012042308215334e.jpg
ちょうど前日にホストファミリーが不在で
何がどこにあるか分からず
いつもの朝食しか持ってこられなかった、
と恥ずかしそうに話していました。

全員のプレゼンが終わったら
大試食会です。
fc2blog_20120423082203e99.jpg
サウジアラビアのモハメドくんは
生まれて初めてお寿司を食べたらしく
板前Kanakoとしては、なんとも光栄です。

最後にマーシャルさんとキュイちゃんと一緒に
記念写真をパチリ。


マーシャルさんは
母国に奥さんとお子さんが2人いるそうですが、
英語を勉強するために1ヶ月間
1人でポートランドに来たそうです。
お年はおそらく50を過ぎてると思います。
学ぶことに年齢は関係ないと教えられました。
ホームコメント:アイコン Comment4Trackback0

フレッシュマン

ポートランドに来て半年が経ち
生活にも慣れて来て
間違いなく日々満喫しているのですが、
日常生活だけではなかなか英語が上達しない
ということにも気付き始めてきました。

ということで
4月2日(月)から新たな活動として
語学学校に通うことにしました。

初日は早速クラス分けテストです。
試験はリスニングと文法問題で
1時間半ほどで終了しました。

お昼休憩を挟み
午後にはテストの結果が告げられ、
5クラス中2番目のクラスに入ることになりました。

詰め込み世代の底力でしょうか。
いや、半年も住んでいればそれぐらいは…
という気もします。

試験の時もそうでしたが
クラスの様子を覗き見ても
日本人はいないようでした。

英語を学ぶにはもってこいの環境です。
実際のクラスの様子は別途ご報告いたします。

この日は試験だけで授業はなかったので
夜は映画館でJIRO DREAMS OF SUSHIを観ました。

アメリカの監督が
江戸前寿司の名店「すきやばし次郎」の
寿司職人次郎さんを追った
ドキュメンタリー映画です。
0404-6.jpg 0404-7.jpg

満員御礼ではじまった映画は日本語で
英語の字幕付きでした。

観客はほぼ全てアメリカ人で
寿司への興味の高さをうかがわせます。

そして今回もアメリカ人の「笑いどころ」
が今一掴めませんでした。

次郎で修行して独立した職人さんのインタビューで
「次郎さんもそろそろ引退しないと
息子さんが可哀想だよなー」

というコメントに会場が爆笑の渦でした。

息子さんも「すきやばし次郎」で
板前さんとして働いていてるけれど、
50歳も過ぎているので
次郎さんもそろそろ後進に道を譲らなきゃ、
というニュアンスで言っていたのですが
なぜか会場は「ウヒャヒャヒャヒャ~」
と大爆笑でした。

私たちは彼らの謎の爆笑に
思わず笑ってしまいました。

映画を見終わった後は
もちろんお寿司が食べたくなり、
近所にあるマリンポリスという
回転寿司屋さんでテイクアウトをし
次郎さんの握る寿司を思い浮かべながら
美味しくいただきました。
fc2blog_20120423095947832.jpg
ホームコメント:アイコン Comment2Trackback0
Home Top
 
プロフィール

barbarakana

Author:barbarakana
2011年10月より1年半のポートランドでの生活日記。
でブログを終える予定でしたが、意外にも日本で身の回りに小さなポートランドが溢れていることに気付き、「ポートランド的ライフスタイル in Japan」なる日記を再スタートさせることにしました。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
1508位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
245位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。